【要らない】大学生協PCに物申す!~そのPC、高すぎです!~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 毎年2~5月の名物、生協PC
  • 生協が4年間の大学生活用にオーダーメイドしている「特注品」
  • 特注品に加え独自の保証を加えるため高額になる
  • 「Officeプリインストール」は購入理由にならない
  • そのPC、自分の求めるスペックかどうか
  • 比較:中古PCでも状態と性能が良ければ4年間使える
  • 自分に合ったスペックと価格のPCを買うのが一番
  • 大学生協PCを買う金をケチって好きなことに使うといい

PCは、ただ使う分には何も面白くない。ただ使うというのであればなんとなく動く程度でいいわけで、それこそIntelで言えばCeleron, Pentium, Atom, AMDで言えばAthlon, Sempronで、安くてスペックがなくてもOKということになる。CPU(APU)は、何がしたいかを目的で選ぶのが一番間違いがない。もし汎用作業(Officeを使う程度)であれば、スペックはそこまで必要ないだろう。

私は汎用で使うほかには動画視聴、動画編集に画像編集、マルチウィンドウ、ブログ編集を行う。その他、仮想マシンを時々、Windowsと同時に使用することもある。そのためある程度の性能は必要だ。それでいて価格は抑えたいわけで、そうすると市販のPCでは到底満足できるものではない。そこで私は一般ユーザーだが法人向けのもので中古で売られている、所謂「型落ち」を好んで使っている。この型落ち、性能に対して価格が大幅に下がっていることが多く、お買い得である。それ故未だに、「完全に新品の」PCを使ったことがないのである。

さて、死のコロナウイルス情勢の中でも学校関係、特に大学はメインが所謂オンライン講義がメインとなった以外は、いつも通りのようだ。PCが全学生に必須になった以外は。新入生が発生する2~5月からの時期においては、大学生協が新入生向けに4年間使えるPCと銘打ったものを新たに販売している。それは、4年間の保証をセットにして大学生協の特注品を販売している。およそ私立大学入学費の1/10くらいの価格(12~20万)である。クッソ高い。金のない時代に高すぎはしないか。

性能や保証は悪くはないものの、そこまでして果たして価値があるかといえば、それには首をかしげざるを得ないものがある。それに大学生という身分、金を使って「やりたいこと」は多数あるはずだ。そこで今回は、あらゆる方面から考えた上で、大学生協PCにツッコミを入れていく。私は中古PC派なので、大学生協PC vs 中古PCの記事となるであろう。