広告 | Kibekin BLOG.

【もう貫通させない】”CHP Ads Block Detector”使ってみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 好きな人はあまりいないことでお馴染みの広告
  • 暴れすぎる広告に打ち出されたのがアドブロック機能
  • アドブロックに対抗するアンチアドブロックいたちごっこの戦い
  • WordPress向けに強力なアンチアドブロック”CHP Ads Block Detector”があるので使ってみた!
  • 前面警告表示型で、解除するまで何度でも現れる仕様
  • 設定項目がシンプルで文面も自分で作ることができる
  • ランダムIDによる生成のため、要素登録による妨害を受けない
  • JavaScriptを止められてしまうと突破されるのが難点
  • アドブロックユーザーを拒否する権利が運営者にもある
  • 変わらないかもしれないが「やらない」よりずっといい

広告が世界を動かしている、というのは大袈裟な表現ではないかもしれない。それは広告配信元が世界を牛耳る巨大企業であることが多いためであろう。もっとも、それは巨大企業の1つの部門に過ぎないのだが。時として人は広告を好み、広告を嫌うことが多いが、同時に広告に支えられている人は多い。特にクリエイターは広告配信企業とパートナーとなり、その広告で生計の一部を支えている人も多い。

しかし広告を嫌っている人は多いので、その人の中のうち開発ができる人は、その広告の表示を無効化するスクリプトを制作してアドオンとしてブラウザに適用し、無理矢理に広告を消すようにしている。それは各アドオンセンターで公開されている関係で、技術力がない人でも簡単に利用できるようになっている。これは一般ユーザーには便利でも広告で生計の一部としているクリエイターや広告を出稿している企業には邪魔な存在でしかないのである。対抗のためにアンチアドブロックが作られるわけだが、それを打ち破るアンチアドブロック・アンチが作られるなど、常にいたちごっこの状態である。

既存のウェブ広告は、現在は殆どのサイトでブロック可能になってしまい、アンチアドブロックを設定していても貫通もするようになってしまった。もう救いはないのかと思っていると、WordPressにおいては優秀なアンチアドブロックのプラグインが存在した。現在も開発されている”CHP Ads Block Detector”は、WordPressで戦うブログクリエイターの必須プラグインとなっている。これを詳しく見ていくこととする。

【2022年日本上陸】”The Moneytizer”使ってみた!~登録簡単、急げ!~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • YouTuber/VTuber以前から存在する「ブログ」
  • ブログ収益はGoogle AdSenseかアフィリエイトが一般的だった
  • 2022年に上陸した”The Moneytizer“が新たな広告プラットフォームとして注目を浴びているので使ってみた!
  • 登録するには自分のサイトを持っていて、最低限が整っていることが条件
  • AdSense同様審査あり、登録時は担当者から直接招待されたので簡単に通過した
  • 支払いはドル固定、PayPalさえあれば安定して受け取れる
  • コードは任意配置型とヘッダ埋め込み型(header.php)の2種類を使用する
  • AdSenseと異なるのは「インプレッション型広告」であり、併用もOK
  • 上陸したての今ならユーザー募集中、登録簡単だから急げ!

ブログクリエイターとして基本を生きる中で、無音烏を迎えてVTuber(の補助活動)もしている私は、活動の幅が広くなったと感じている。しかしそれは必然であったとも考えている。表現手段は多く持っていた方がいいからだ。これは卯塚ウウがVTuberをしている理由の1つでもある。VTuberはその特性上、単純な1つの収益手段に考えられがちだが、表現手段の拡大という意味では1億総VTuber時代でもおかしくないくらいである。

ブログクリエイターとVTuberはそれぞれ対極的存在であるように考えている。それは表現手段の違いによるものである。文字と画像を基本とするブログクリエイターと動画を声(VCn含む)を基本とするVTuber。それぞれはプラットフォームもターゲットも異なる。だからといってどちらが上かを競う必要はない。どちらも目的と内容で使い分けていけばいい。

そして収益手段についても、昨今の情勢を考慮し使い分けと複数のルートを用意することが重要となる。ブログクリエイターの場合はAdsenseとアフィリエイトの併用であると思われるが、2022年にAdsenseと対抗できる広告プラットフォームがついに日本にも上陸した。その名はThe Moneytizer。フランス発の広告プラットフォームであり、2014年に起業されたここは、市場をヨーロッパとアメリカから広げていき、現在は6ヶ所の支店を持つほどに成長している。そこでThe Moneytizerについて解説し、1人でも多くのユーザーがこれを使えるようにしていく。

【悪意のない広告を許す】個人的広告論2~その「アドブロック」は本当に必要か~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • インターネットを利用する上で切り離せない存在の「広告」
  • 無料のサービスは殆どで広告がつくようになっている
  • 「信頼できるパートナー」が広告配信企業と提携し収益を得る
  • コンテンツの間に挿入される広告に嫌悪を示す人は少なくない
  • 広告を除去する手段は所謂「課金」か「アドブロック」
  • 「悪意のない広告」にはアドブロックは本当に必要か?
  • 交友関係にある人が「広告収入」を得ているなら尚更考えるべき
  • それでも広告が不要と感じるなら何でもすればいい
  • その人の助けとなるのであれば広告は決して「悪」ではない

最近よく思うのは、詐欺師と呼ばれる存在は実は詐欺のレベルは優しいのではないかということだ。詐欺そのものについては刑法に規定されている犯罪行為であるが、流石に命を自らの手で奪うことはしない。もっとも、被害者が自殺してしまえば間接的に殺人になってしまうが。しかしそれよりも詐欺を行っているのは政治家という、ジャップをジャップたらしめる諸悪の根源だ。一般市民を貶め、上級國民と自身の保身だけを重視する、人間の姿をした蟲。吐き気を催す邪悪そのものと言っていい程である。悪が巨大すぎると身近な悪が小さく見える。

さて、インターネットは接続できる回線(を契約する金)があれば、あらゆるものを利用することができる。そして大手企業などが提供するインターネットサービスを利用することができる、というのが一般的だ。多くは無料で利用できるものとなるが、一部機能は有料であるほかは全ての機能が利用できるが広告がいずれかの場所に存在し、それが変なところに現れて、色々と不便なことはある。

また、自分のコンテンツを持つ人は広告配信企業と提携して自身のサイトや動画に広告を挟むことができる。最近はストリーミングタイプでも広告を挟むシステムが構築されているため、収益手段は広くなってきている。しかし多くにとって広告は邪魔な存在であると認知があるため、それを回避するための手段が作られる。所謂アドブロックと呼ばれるものだ。

しかし最近、思うことがある。最近の交友関係にストリーミング配信で収益を得ている人がいるが、投げ銭と同時、広告を有効にして収益としている。その広告によってその人の収益になるなら、全ての広告が「悪」とは限らないはずだ、ということを考えたのである。よって今回は交友関係も考慮した、私見の広告論を展開していく。

【そうじゃない】違うだろ!引きこもりの社会復帰ネタの記事にツッコむ!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 社会問題の1つであり未解決事項の引きこもり
  • 引きこもりになる原因、抜け出せた方法は様々である
  • これをネタにするインターネット記事が大量に存在する
  • 書いてあることが「意識高い系」のそればかり
  • 成功例や美談ばかりで失敗例が殆どなく信憑性に疑問
  • 最後に就職関連サービスのアフィリエイトを貼っているサイトが多く、胡散臭い
  • 社会復帰はネット上の情報だけでは不十分
  • 最終的には案ずるよりも産むが易し

社会問題とは、未解決事件に似ている気がする。無能な警察が初動が遅かったために解決するはずの事件を迷宮入りさせるように、当初は個人の問題や例外としてまともに取り扱われることがなかったために、後になってそれが社会全体にとってまずいことであると分かり、ようやく社会問題として取り扱われるようになる頃には、対策を打ち出しても間に合わない状況になっている。

そんな社会問題の1つに、引きこもりがある。明確な引きこもりの定義がなされた時期については不明であるが、引きこもりという言葉自体は若者の問題として捉えられていたようである。当時は若者の問題であり、不登校と同一視されてきたため、支援対象も10代20代の若者を中心としていた。だが引きこもりの長期化や社会に出てから引きこもる人が増えて、年齢は無関係だと認識されるのは2018年頃である。所謂「8050問題」は川崎市登戸通り魔事件が契機でもある。この時、既に2019年である。

無能国家日本とは、「リタイアした者」に厳しい。一度「普通の人」のレールから外れた脱落者の復帰を、社会構造が阻止する。しかし「普通の人」が合わない人がいるのも事実であり、そんな人にとって日本という無能国家は敵である。そんな中でも復帰した人というのは存在し、それに関する手法や体験談はインターネット上に転がっている。だがこれが問題だ。内容が意識高い系のそればかりで、成功例や美談ばかりで失敗例が殆どなく信憑性に疑問を持たざるを得ないことが多い。そして大抵、そのようなものは就職関連サービスのアヘり8アフィリエイトを貼っていて、結局胡散臭いで終わってしまうことが多い。

情報を求めている人からすれば、「そうじゃない、違うだろ!」とツッコミしたくなった経験はあるだろう。今回はインターネット上に転がる、引きこもりの社会復帰ネタの記事に言いたいことをここで言うことにする。

【広告の在り方】推測、人が「広告」を嫌う理由

この記事を概要を簡単まとめ!

  • インターネット上でも多く見られる広告
  • 広告は一部の企業の収益である
  • 広告の表示方法にいささか問題がある
  • 嫌われる広告は広告の中身と配置方法にある
  • 作る側と配置する側がそれぞれユーザーフレンドリーを目指す
  • 広告が「新しい発見」に繋がるように

宣伝は、あらゆる商品やサービスを展開する上で欠かせない「戦略」の1つである。

商品やサービス(以下プロダクト)が売れる理由は、ネームバリュー・リピーター・新規ユーザーのどれかである。しかしネームバリューは一部のDIE大企業の特権でしかなく、リピーターも定期購入(サブスクリプション)が多いため、特段の収入源となることは少ない。そのため、新規ユーザーを取り入れることが利益を上げるに必要なこととなってくる。

しかし、新規ユーザーの多くは、何かしらのきっかけがなければプロダクトの購入には至らす、様子を見るのみである。その理由として、人は往々にして新しいものに手を伸ばすことを怖がるためである。これは人の本能としての反応である。特に無能が多い日本人は国民性からかその傾向が強く、チャレンジをしないことでも有名である。その所為で保守的な無能が多いため、革新が起きず日本オワコンが加速するのだが。

それを促進する方法として、供給側はプロダクトの宣伝を行う。宣伝の方法は様々であるが、現在主流なのはインターネット上での宣伝である。これには、自社サイトでの宣伝、SNSを利用した宣伝、画面の一部に表示する広告、など多種多様である。インターネット以外では、新聞・DM・テレビCMなどがある。これらの手段は資金に余裕のある大企業や、ターゲットが従来メディアを好む老人向けのプロダクトの傾向が強い。

宣伝自体は利益を伴わない行為であるが、宣伝のスキルを持たない人や企業のために、資金を対価に宣伝を代行してくれる企業が存在する。これは一般に広告代理店と呼ばれる。またサイト運営者向けの広告もあり、これはクリックされたりプロダクトの購入に繋がれば一部を収益として貰えるものもある。

現在のビジネスを支える存在である広告は、そこに金が絡むとき、嫌煙する人が少なくない。また、一部の広告の表示方法は時に多くの人の反感を買うこともあり、どうにも嫌われ者のような扱いをされることが多い。今回はそんな広告が嫌われる理由を推測し、今後の広告の在り方についての自論を考える。

【攻略チャートは自分自身】努力で勝ち取れ!Google Adsense 合格のためにやったこと

この記事の概要を簡単まとめ!

  • Google Adsenseとは最も有名な広告収益
  • 利用には申請して審査を通過する必要がある
  • サイトの作りこみ次第では一発合格も可能
  • 合格基準は「存在しない」
  • 合格後もポリシーを順守すること

今回書く話題である、Google Adsenseについては、書こうか迷っていたのだが、今後Adsenseを利用したい人の参考として書くことにした。もちろん、具体的過ぎる詳細を書くことは禁止なので、ある程度の「ヒント」しか書けないが、もしなかなかAdsenseに合格しない人は参考にしてほしい。

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロックを検知しました。 | Ad block detected.

ブラウザのアドオン、及びブラウザに内蔵されているアドブロック機能により、広告ブロックが行われていることが検知されました。
本ブログは広告収入により運営されており、広告ブロックは正当な理由の下で配信されている広告をも阻害することとなり、運営が非常に困難になります。
この表示は広告ブロック機能の無効化、あるいはホワイトリストへの追加を行った上で、更新を行うことで消すことができます。または、広告ブロック機能のないブラウザで閲覧ください。
広告で嫌な思いをしたことがあるとは思いますが、一律に広告をブロックすることで失われるコンテンツも存在します。そのことへのご理解とご協力をお願いします。

We have detected that ad-blocking is being performed by browser add-ons and the browser’s built-in ad-blocking function.
This blog is operated by advertising revenue, and ad blocking will interfere with advertisements that are also being served under legitimate reasons, making it very difficult to operate.
This display can be removed by disabling the ad-blocking function or adding it to the white list and then updating it. Alternatively, please view the site with a browser that does not have an ad-blocking function.
We understand that you may have had bad experiences with advertisements, but there are some contents that are lost by uniformly blocking advertisements. We ask for your understanding and cooperation in this matter.

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock