【GO TO HELL】無能政府”GO TOキャンペーン”を真正面から否定する

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 21世紀最悪のウイルス、継続中
  • 無能政府が動かないために都道府県で動く
  • 無能政府、GO TOキャンペーン開催
  • 未終息でワクチンもないのに感染拡大させるのか
  • 金がない人が多いのに何故「消費」キャンペーン?
  • それにつられる思考停止バカニーズも同罪
  • 考案者とバカニーズはGO TO HELL!!

国民性というのがある。それは国家を形付ける1つの要素である。国民性が国家の評価に影響するのは、パクりとコンプレックスの塊である隣国(癌国)を見ていればわかるものである。中国はまだ国民性が良いのに、癌国ときたら地球の癌細胞に相応しい有様である。とはいえ今の日本の国民性もほめられたものではないのだが。

さて、ここ最近ずっと無能国家ジャップと無能政府を怒りまくっているのでそろそろまともなことの1つでもしろと思っているところに無能政府はまた無能な政策を打ち出した。また死のコロナウイルスが終息もせず第二波、第三波の危険があるというのに、コロナの拡散を推奨する税金の無駄遣い”GO TOキャンペーン”を始めようとしている。とにかくケチりたくて仕方ないんだな、この上級國民ども!早くコロナに感染してくたばれ!

無駄なことしかしない無能政府の政策にはうんざりなのだが、それに乗せられるバカニーズもバカニーズである。多くは20代で、無自覚に感染拡大させているため、無能政府の老害共と同等の害悪な存在となっている。Cool JapanではなくFool JAPと呼ぶべきだ。

未来を破壊してまでも今を優先するか、それとも先を見据えて未来を大事にするか。普通に考えれば当然後者である。その意味でも、このタイミングで打ち出したくだらない”GO TOキャンペーン”に真正面から否定する。そしていい加減、無能政府は今回のコロナ騒動の責任を命で償ってもらいたい。

【時に演技力は武器となる】独立準備のための時間がほしいなら!「無能」をコスプレする、という戦略

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 会社員をやりながら独立準備の時間はなかなか取れない
  • 時間が取れない=独立するタイミングが遅れる
  • 「無能会社員」認定は独立予定の人に好都合?
  • 「無能」をコスプレする戦略で時間を作る

先日、現在の会社の社長から直々に「会社員に向いていない」認定された私である。小さい会社であり、雑居ビルの1フロアを貸しきって運営している。そこには私を含めた14人しかいない。そんな会社なので時々社長が来て様子を見に来る。そのとき、前々から目に付くことがあったのか、言われたのである。

私としては落ち込んだが、同時に吹っ切れた。「やっぱり」「会社員に向いていない」ということがわかった。元々、自分の行動や性格、考え方が会社員に向いていないということは重々承知していたが、それでも自分を偽って向いていない会社員を続けていた。

しかし、自立手段さえ確立すればもう会社員でいる必要はないということである。とはいえ準備なしに今すぐには辞められない。だが準備しようにも、時間と場所を拘束されてまともに準備できないこともしばしばある。

そこで、「無能」のコスプレをして会社員をしながら、独立準備をする、という戦略を提案する。