【人間に非ず】災害に便乗する利己主義者を排除せよ!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 2011年から始まった、非常事態下の協力体制
  • しかし一部は「利己主義」な行動をする
  • 他者の怪我や不幸を蜜に利益を得る屑
  • 汚い手段で稼ぐ人間は「人間に非ず」
  • 法が不十分で裁きが下せない今、個人単位でできることをする
  • 早急な法整備と、個人単位でできることの拡散

21世紀は最悪の時代と言っても過言ではない。あらゆる「(周期として)100年に1回とされる、世界情勢が変わる出来事」が2008年から凝縮したかのように起きている。2010年から2020年は、現代版の失われた10年になりそうであり、2010年から2030年までを指して失われた20年とも言われる可能性は高い。

最も大きな出来事としては、2011年の地震で、ここがあらゆる人にとっての転換期となったことだろう。そこで人々の意識が変わることとなり、非常事態における協力体制が強くなり、その結果なんだかんだで乗り越えてきているというのも事実である。崖っぷちに立たされた人間の強さを知ったものである。

しかしそんな中、不届き者が現れた。地震の際、ボランティアのふりをして、人々が避難していて誰もいないことをいいことに、誰もいない家屋から金品や高額な品物を窃盗していく、人間の姿をした賎しい蟲が現れた。これらはずっと前にいたのだが、2011年からその姿を公にするようになった。また、物品の不足を悪用して、生活必需品を買占め、法外の値段で販売する、「転売下人」が登場した。別の言い方があるようだが、私はその言い方が気に入らないため、転売下人とする。

それらが一貫している思想が利己主義、カタカナで言うエゴイストである。思想そのものに関しては自由ではあるのだが、それが行き過ぎて、TPOに合っていなければ、その思想を持つことは間違いである。今回はその行き過ぎた思想を持った故に他者の生活・経済活動に損害を与える、人間の姿をした蟲の特徴と、それの対処方法を考える。

【世界の恥】お前ら馬鹿か!日本人の思考停止な爆買い行為への苦言

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 執筆時点でも止まらないコロナウイルス
  • 感染を避けるために「外出」をやめるようになった
  • 外出回数を減らすための「爆買い」が多発
  • デマで爆買いも多発
  • 外出自粛要請は「外出するな」ではない
  • 爆買いは他者への「重大な迷惑行為」

これを見ている人は、コロナウイルスにかかっていないだろうか。或いは確定診断が出ていない人だろうか。もしくは確定診断が出て、治療中で、しかしやることがないためにここに訪れた人だろうか。ともあれ、2020年はいきなり最悪の年となることが確定した。

だがコロナウイルスは名前だけが一人歩きしているようで、実際にはインフルエンザのような一般に知られている病原体・ウイルスと何ら変わりがない。つまり、いつも通りの健康的な生活をしていれば、感染リスクはそれほどでもなく、たとえ感染しても潜伏期間で終わるということもある。過剰に心配しすぎではないだろうか。

それよりも問題なのは、コロナウイルスに伴って外出自粛と大規模施設の休止などが進められている。それにより極力外出しないように動くのは分かるのだが、買い物のための外出を制限するわけではないのに、「外に出てはいけない」と勘違いした日本人=「バカニーズ」達が各所スーパーなどを中心に買占め=爆買い発生し、一部生活必需品と食料品が一切なくなる事態が発生している。

コロナウイルスが一次災害ならば、人間のヒステリックな行動で混乱をきたすことは二次災害といえる。今回はそんな二次災害について苦言を呈する。