【終焉】独裁者・安倍晋三の辞任に思うこと

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 独裁者・安倍晋三、8月28日に辞任の意向を表明
  • その2週間前から検診を受けていた事実
  • 体調不良では独裁者の地位を務められないと判断し辞任表明
  • 体調不良は「言い訳」、辞任は「逃げ」、問題解決せず逃げる人間の屑
  • 真面目にやらず、反感を買うことばかりするから「悪化」した
  • ネット上の安倍擁護に「お前ら洗脳されている!」
  • 独裁者は最後まで責任逃れをした。こんな屑が何故生きてるの?

民主主義の敗北が2013年に起きてから7年が経った。日本最悪の独裁者・安倍晋三が罷り間違って総理大臣になってしまい、暗黒の時代を歩んでいた。そのことにNOの提示を一般国民が提示しても、独裁者は自身の権限とその椅子が心地よいために、決して椅子から立とうとはしなかった。自分が正義で一般国民は正義ではないと言わんばかりに。

そのお遊びも、過ぎれば自分に返ってくる。不要な人間が独裁者になったり混乱を招いているのにその者が処罰を受けないため、無神論者である。そのため因果応報は信じていないが、今までの一般国民を馬鹿にした行為・政策の代償を受けることになったようだ。体調不良により、辞任することを表明したのである。

それは長きに渡る独裁政治に自ら終止符を打つということでもあるが、同時に多くの問題を未解決のままにして「逃げる」ということである。それは、在任中に何度も行った「責任逃れ」そのものである。これは人の上に立つ者が一番やってはいけないことである。よくも平然と、「逃げる」ことができるものである。これも人の心を持たないが故であろう。

今回は、今まで積み上げられた怒りをぶつけるように、独裁者の辞任についての思いを書いていく。

【感情が法を上回るとき】一般国民は独裁者達を法の例外で「私刑」できるか?

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 日本を腐敗させる最悪の独裁者と政府側の無能共
  • 外交も内政も無能であり、歴代最悪を欲しいままに
  • 一般国民の怒りの蓄積は限界を超えている
  • 「法」が独裁者共を裁くのに邪魔をする
  • 一般国民の大多数が同意するなら法の例外となるか
  • どのみち排除しなければ悪化の一途、早急に動くべきか

私事ではあるが、フェイクドキュメンタリーの金字塔である「ほんとにあった!呪いのビデオ」やその系列であるものを良く観ていて、そのこともあって心霊現象に変な方向に耐性がついてしまい、最近心霊現象を疑うようになった。現実に起こりうることで、もし実際に身の回りで起こったとしても、本来取るべき反応とは違う反応をしてしまうだろう。

それと対照的な存在、つまり霊の逆である人間に対しては、私自身が人間でありながら恐怖と嫌悪を覚える存在として見ている。特に、人間性後発発展途上国であり先進国から転げ落ちて後退国となりオワコンが加速する日本の腐敗しきってゾンビよりもどうにもならない最悪の独裁首相と無能政府と反社会勢力自民党の人間と独裁者ファミリー(血縁関係になくても”一味”の意味で)共の利己主義と一般国民を軽視し上級國民のみを保護するという、統治者の責務を完全に放棄、権利のみ貪っている状態であり、最大級の嫌悪を感じている。

だがこの世界に神がいないため、これら国益を損なう存在は願っても延命治療により無駄に長生きするのである。そして現在の制度では一般国民の力でそれらを引きずり降ろそうにも、権力者を護るように法や規定が制定されており、無駄足でしかない。そうなれば最後の手段として、純粋な力による「私刑」により、死の鉄槌を下す以外にない。だが通常はこの方法は、上級國民を護るために作られた法(主として刑法)により、実質的実行不可能状態である。

だが思うことはある。「国益を損なう存在」を排除することについて、一般国民の怒りをはじめとした感情が限界点を超えている人が大多数であり、排除することによって将来的に良くなるのであれば、法の例外となるのではないだろうか。すなわち、私刑が限定的合法として、排除が有効になることである。今回はこのことについて、私の私情をふんだんに交えて考えていく。

【無能】現日本政府と独裁者・安倍晋三を批判する

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 現在まで無能を極める日本政府
  • 歴代最悪の独裁総理・安倍晋三とファミリーが事態を最悪にする
  • 国民よりも目先の利益を追求する結果、感染が拡大
  • 全てが後手後手、海外からも失笑を買う酷さ
  • 「上級國民」は一般国民の痛みを知らない
  • 最後の手段は「公開処刑」

今まで、反政府記事を書くことは避けていた。だが、今までの無能日本政府と、歴代最悪の独裁総理・安倍晋三とそのファミリーが日本の名を貶めている。これまで売国ミンス党も日本の名を貶める政策をとっていたが、それが「マシ」に思えてしまう。それまでに猛烈な「怒り」を感じている。

そして、この「怒り」はおそらく何をどうしても昇華することは難しいだろう。そのため、今回だけはその「怒り」に任せて書いていく。コロナが終息し、独裁者の脅威が消えるまでは、この記事は残しておくことにする。