【気付けば終わってた】人間関係の「賞味期限」は存在する~構築と消滅の繰り返し~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 人間とは実に面倒な生物である
  • 「独りでは生きられない」は残念ながら正解であり、殆どで誰かと関わっている
  • その過程で特定の人物と交流するようになる
  • だが大半の人間関係は自然消滅しがちである
  • 長く連絡しない・会わない人は自然消滅しやすい
  • 例え「気が合う」同士でも思想の相違が決別の理由になる
  • 友好的になるのは時間がかかり、絶縁になるのはほんの一瞬
  • 逆にどういうタイプが長続きするのか
  • もし「賞味期限切れ」であっても、どうせそんなものであったと割り切れ

人間とは面倒な生き物であることをつくづく思う。それと同時に、私自身、なぜ面倒な人間になっているのか、それを未だに考えている。人間であるから面倒だと思うのか、それとも時代や状態が悪いからそう思うのか。その答えは、人間として生きている限りわからない。もし人間以外の存在に私が成れたとき、人間を棄てて後悔するのか、それともしないのか。難しい話だ。

面倒といえば、人間同士の、所謂「人間関係」は非常に面倒なものである。人間は、自分のことですら理解することが難しいというのに、相手のこともある程度理解した上で、当たり障りのない関係を築き、平穏にやっていかなくてはならない。それは、自分が「嫌い」と感じる人でも原則分け隔てなく、である。みんななかよく、とは昭和の時代で終わりだ。

そんな中で特定の人物との人間関係を持つことがあるだろう。それは「友人」という2文字で表せるものであるが、友人を作るハードルはインターネットの存在によってかなり下がっている。しかしその分、簡単にその関係を切れることもあって、実質的には人間関係は希薄になりがちである。そんな中でも長持ちする人間関係は、貴重なものであろう。

しかし、私が近日中に経験したのが、割と長く続いていた、インターネット上の関係がばっさり切れてしまった人が数人いた。この経験から考えたのが、人間関係には繋がり方に依らず「賞味期限」が存在するのではないか、ということだ。タイトルからして既にマイナスな内容だが、だが人間関係について違和感を持っている人は未だに多い。したがって、自分へのメモ帳としても、今回はこのことについて考えていく。

【人生向いていない】仕事ができない人:対処法を考える

この記事の概要を簡単まとめ!

  • この世界には仕事ができる人とできない人がいる
  • 環境に適合しなければできる人でもできない人になる
  • 環境に無関係で恒常的にできない人も存在する
  • 仕事ができない人が企業と社会に与える損失を考える
  • 仕事ができない人は人生向いていないのか
  • 安楽死or自宅ないし施設軟禁が対処法となりえるか
  • 仕事がまるでできない人がいても不思議ではない

無能国家ジャップは実にすごい!奴隷にしか思っていない一般国民には金を出さず、自分達を含めた上級國民には優遇に優遇を重ねて、この深刻な状況下でものうのうと安泰に暮らしているので、恥の極みというべきだろう。個人的に海外と交流がある人からは連絡が来て心配されるほどのようで、クソさ度合いでは自慢できるようだ。

さて、この世界において仕事というものは収入に直結するため、生活に切り離せない活動の1つである。そうであるのだが、時に仕事ができない人というのが一定数存在する。とはいえ仕事ができなくとも仕事しなければ生きていけないので、渋々仕事していることも少なくない。

ただ、仕事ができない原因が環境に問題がある場合と、環境に無関係で仕事ができない人がいる。前者は最適な職場に転職することで解決することがある。後者は転職しても、その先で仕事ができないことにより平均3ヶ月程度で職場を転々とし、最終的にどの仕事もできなくなるというパターンである。

そこで思うのが、後者の場合の仕事ができないことは、人生そのものに向いていないのではないかということである。しかし残念ながら人生に向いていなくても血税は徴収され、生きる義務を負い、労働の義務も負う。しかし仕事ができないことで、企業や社会に損失を与えることもあると考えている。その場合、仕事をさせず、軟禁するという選択肢、或いは本人が望む場合の安楽死は果たして正しいのだろうか。

今回は仕事ができない人について、私独自の視点から対処法を考える。

【サバイバル】社会不適合者の今後の生き方を考える

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 社会に上手く適合できなかった「社会不適合者」
  • 社会不適合の原因は性格や過去に関係することがある
  • 正社員以外で稼ぐ方法を考える
  • 副業はリスクのある方法が多い
  • 使える制度をフル活用する
  • 巷の「謳い文句」は無視すること

社会不適合者という分類は昔から存在している。そして今も存在している。だが、今の社会不適合者はどちらかといえば自虐的に使用されることの方が多いかもしれない。昔はどうだったのだろうか。そんなことは全く分からない。

そして、私は社会不適合者ということを前々から自覚していた。学生時代から集団行動を好まず、友人を作らずの私が、社会に適合できる可能性は低かった。そして、昨年10月に退職し、今に至るまで「一歩」を踏み出せない状況にある。私は社会不適合者だった、その答えが明確に出てしまったのである。

そんな社会不適合者は一体どうやって生きていけばいいのか、それを模索することにした。これはいわば、備忘録のようなものである。

【人間は醜い】人間は醜い存在!信用しないで生きるということ

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 人間とは醜い存在である
  • 人間は簡単に他人を裏切る
  • 自分を含めて人間を「信用しない」こと
  • 信用しないことは「悪」ではない、「悪」と決め付けることもできない
  • 人間を嫌いになる前に「信用する」ことを辞める

今はADHDを身近な人に隠しながら、ただ生きるだけの毎日を送っている。何もなく、何もせずの毎日である。経歴が酷く、何のスキルもない。しかもADHDを抱えている状態で、到底まともな仕事ができるわけもなく、そんな人間はどこに行っても追い返されるだけである。余っている仕事は、「皆が嫌う仕事」か「闇の仕事」しかないだろう。人権も選択権もなくなったも同然である。

それとは別に、よく考えることとして、「人間とは醜い存在である」ということである。他人を簡単に裏切り、権力を持った途端に独裁を始める、エゴイストの塊である。もし神が存在するというのなら、何故そのような人間の屑は消えないのか。存在していれば消えているはずなので、そういう意味では神は信じないし、同時に人間嫌いである。自分のことですら嫌いである。

そんな人間に対しうんざりしまくり、人間嫌いだが、死ぬ勇気も不慮の事故も起きないので割り切って生きなくてはならない。だがこれ以上人間でうんざりさせられるのも癪に感じる。その時分かったのが、「信用しない」で生きれば、何とも思わなくなるので人間を嫌いになることもない、ということである。