【そうじゃない】違うだろ!引きこもりの社会復帰ネタの記事にツッコむ!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 社会問題の1つであり未解決事項の引きこもり
  • 引きこもりになる原因、抜け出せた方法は様々である
  • これをネタにするインターネット記事が大量に存在する
  • 書いてあることが「意識高い系」のそればかり
  • 成功例や美談ばかりで失敗例が殆どなく信憑性に疑問
  • 最後に就職関連サービスのアフィリエイトを貼っているサイトが多く、胡散臭い
  • 社会復帰はネット上の情報だけでは不十分
  • 最終的には案ずるよりも産むが易し

社会問題とは、未解決事件に似ている気がする。無能な警察が初動が遅かったために解決するはずの事件を迷宮入りさせるように、当初は個人の問題や例外としてまともに取り扱われることがなかったために、後になってそれが社会全体にとってまずいことであると分かり、ようやく社会問題として取り扱われるようになる頃には、対策を打ち出しても間に合わない状況になっている。

そんな社会問題の1つに、引きこもりがある。明確な引きこもりの定義がなされた時期については不明であるが、引きこもりという言葉自体は若者の問題として捉えられていたようである。当時は若者の問題であり、不登校と同一視されてきたため、支援対象も10代20代の若者を中心としていた。だが引きこもりの長期化や社会に出てから引きこもる人が増えて、年齢は無関係だと認識されるのは2018年頃である。所謂「8050問題」は川崎市登戸通り魔事件が契機でもある。この時、既に2019年である。

無能国家日本とは、「リタイアした者」に厳しい。一度「普通の人」のレールから外れた脱落者の復帰を、社会構造が阻止する。しかし「普通の人」が合わない人がいるのも事実であり、そんな人にとって日本という無能国家は敵である。そんな中でも復帰した人というのは存在し、それに関する手法や体験談はインターネット上に転がっている。だがこれが問題だ。内容が意識高い系のそればかりで、成功例や美談ばかりで失敗例が殆どなく信憑性に疑問を持たざるを得ないことが多い。そして大抵、そのようなものは就職関連サービスのアヘり8アフィリエイトを貼っていて、結局胡散臭いで終わってしまうことが多い。

情報を求めている人からすれば、「そうじゃない、違うだろ!」とツッコミしたくなった経験はあるだろう。今回はインターネット上に転がる、引きこもりの社会復帰ネタの記事に言いたいことをここで言うことにする。