【振り返り】総括・2020年~失われた1年と成長する「私」~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 私的な1年の振り返り記事
  • 1月の死のコロナウイルスであらゆるものが「失われた」
  • その間に料理の腕が何故かいきなり上がった5月からの変化
  • 社会は変わらずか悪い方向へ変わり、だが自分は良い方向へ変わった
  • 失われた1年の間に得られたものは大きかった
  • 総括:最悪の年に最高の成長をした

21世紀は最悪の事態詰め合わせセットなのか。100年に一度の事態が20年のうちに3回も起きていることになる。2008年・リーマンショック。2011年・東日本大震災。そして2020年・最新生物兵器:死のコロナウイルス。1003=100万である。20年のうちに1/106の確率を引き当てていることになる。いくら何でもひどい仕打ちだ、子供が不憫で仕方ない。

さて、2020年、死のコロナウイルスという最悪の真っ只中にいるわけだが、その最悪の1年も終わろうとしている。おそらく今後も馬鹿共のせいで終息しない死のコロナウイルスと隣り合わせの世界で戦い続けるだろう。だが2021年に入る前に、なんとなくだが総括として2020年を振り返る記事を書くことにした。この1年を振り返って、私的にどうだったかをまとめてみるというものである。これは自分のこと、社会のことの2つに分けることができる。前者は色々と変わったが、後者は全く変わっていない印象である。それどころか怒ってばかりだ。

何もかもが大きく変わり、前に進むのは非常に困難だ。それどころか望んで悪い方向に進んでいるという感触しかない。そんな中で見つけたものは、何だったのか。それを振り返ってみることにする。