【退職の手本】会社辞めます!会社を辞める最後の一撃「退職届」の書き方

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 会社を辞める際に最も形式的で有効な「退職届」
  • 民法627条1項により最短14日で退職可能、就業規則より強い効力がある
  • 書き方は簡単で良い、細かく書く必要はない
  • 郵送で内容証明を使用する場合、日本郵便の定めた書き方のルールに従う。
  • 退職届を出したらそのことは忘れて次へ進む

10月23日時点で、たった転職1ヶ月にして早々に退職することとなった。自称「超優良企業」はあてにならなかった。事業内容が医療ソフトウェア開発だったが故、使用言語が古く、最先端でもなかった。クリエイティブでもない。

このことから、私には元々向いていなかったのだろう。さらに何故か話の内容や指示を忘れる、パニックになりやすいなどの仕事を行ううえでの支障が出てきてしまっている。これに関しては心療内科で診断してもらうことにして、ここにいては辛い思いしかしないので退職するために退職届を出してきたのである。今回は退職届の書き方について書いていく。

【時に演技力は武器となる】独立準備のための時間がほしいなら!「無能」をコスプレする、という戦略

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 会社員をやりながら独立準備の時間はなかなか取れない
  • 時間が取れない=独立するタイミングが遅れる
  • 「無能会社員」認定は独立予定の人に好都合?
  • 「無能」をコスプレする戦略で時間を作る

先日、現在の会社の社長から直々に「会社員に向いていない」認定された私である。小さい会社であり、雑居ビルの1フロアを貸しきって運営している。そこには私を含めた14人しかいない。そんな会社なので時々社長が来て様子を見に来る。そのとき、前々から目に付くことがあったのか、言われたのである。

私としては落ち込んだが、同時に吹っ切れた。「やっぱり」「会社員に向いていない」ということがわかった。元々、自分の行動や性格、考え方が会社員に向いていないということは重々承知していたが、それでも自分を偽って向いていない会社員を続けていた。

しかし、自立手段さえ確立すればもう会社員でいる必要はないということである。とはいえ準備なしに今すぐには辞められない。だが準備しようにも、時間と場所を拘束されてまともに準備できないこともしばしばある。

そこで、「無能」のコスプレをして会社員をしながら、独立準備をする、という戦略を提案する。