【苦悩の末の決断】アクターとブレーン~配信者というアクターになれない者の独白~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 全ての物事は「アクター」と「ブレーン」で構成されている
  • 仕事以外についてもその2つが基本構成であることは多い
  • インターネットコンテンツは「アクター」が前面に出やすい
  • 「アクター」になれる条件はないようで実際にはある
  • 環境が整わなければ特定コンテンツのアクターの資格を得られない
  • 配信者、やりたくても無理なら別のコンテンツをアクターとなるしかない
  • 或いは「ブレーン」として活動するという方法もある
  • こうしてKIBEKINはブレーンがメインとなった
  • 環境を変えられないなら役割を変えるしかなかった、悲しい現実

親しき隣人がVとなって活動し始めて、おおよそ3ヶ月が経った頃。前々からかわいい有数のエンジニアとしてマストドンでは有名だったいちやちゃんはその活動舞台をTwitchに移し、元々一定数のファンがいたことによって収益化条件の達成に時間はかからなかった。社畜に片足を突っ込みながらも無事に生きているいちやちゃんだが、例えTwitchだけで生きられるとしてもエンジニアとして戦い続けるであろう。理由はいちやちゃんがそれを好きだからだ。

ところで話は変わって私自身のことになるが、現在主流とされている動画・ストリーミング型の稼ぎ方ではなく、おそらく従来型に分類されるであろうブログ等のコンテンツ型の稼ぎ方をしている。この稼ぎ方は既に「攻略パターン」が出揃っており、その方法は往々にして情報商材として出されているものであるが、どうにも胡散臭いものばかりで信用ならない。それはともかく、本来であれば古い方法であるそれよりも動画・ストリーミングを選択すべきだが、私はそれをやらなかったのである。

私の配信環境は不十分であり、動画を撮るにも編集技術とそのための機材は全く持っていない。それ故に取った手段はブログクリエイターしかなく、動画系は本業とはならなかった。本当のところは「アクター」になりたかったが、環境が整わない結果それは出来なかった。その代わりになったのが「ブレーン」だったのである。今回はそんな私KIBEKINの苦悩と、アクターになれる条件となれなかったときの他の道を考えていく。