わんコメ | Kibekin BLOG.

【永久保存版】ゆかNEO2.0×わんコメ4.0連携 備忘録な解説書

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 字幕と翻訳の「ゆかコネ」、コメントで右に出るものはない「わんコメ」
  • 現在、ゆかNEOは2.0、わんコメは4.0に更新されている
  • 過去記事もまだ有効であるが情報が古くなってきているので作り直すことに
  • 連携ルートはHTTPまたはWSの2つ、一般に使用されるのはWS
  • WS連携することで翻訳と追加の読み上げ音声が使用可能になる
  • 翻訳の方法も複数あり、方法次第でAPI節約も可能
  • ゆかNEOではわんコメテンプレを使って字幕表示もできる
  • WordPartyもゆかNEOの音声認識経由で起動可能になる
  • それぞれのメジャーバージョンアップデートで追加された機能も確認
  • 連携しなくてもいい、だが連携すれば相乗効果を得られる

情報更新は常に行われるものである。それはどんなものでも例外ではない。既にサポート終了したものでさえも情報が更新されていることは最近は珍しいことではない。その場合は公式に代わって有志が開発・サポートを行うことも多い。とはいえ、元の開発者ではないので解説が不完全になることは少なくない。

ゆかコネ/ゆかNEOやわんコメの解説は、偶然に始めたことによって継続して解説していることである。これまでに多くの機能について解説してきたが、それはいずれも「その当時最新の情報」をベースに構成されたものである。両方の開発ペースは比較的早い方であるので、下手をするとすぐに古い情報になってしまうことは良くあることである。既に様々な情報が古い情報になった。

今でも多くの人がゆかNEOとわんコメの情報を求めていることが分かっており、Discord内でも度々そのような情報を欲している人がいる。その際に私が書いた記事が参考資料として使われることもある。だが、バージョンが古いこともあるので、現在のバージョンと合致しないことによるUIの変更で分からなくなることや不具合も想定される範囲の1つである。今回はゆかNEOとわんコメの連携まわりについて、メジャーバージョンアップデートに伴って追加された機能の解説も含めて見ていく。

【本格的読み上げソフト】VOICEVOX使ってみた!~無料なのにボリュームたっぷり~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • テキストを代わりに読み上げる機能を持つ「読み上げソフト」
  • 有名格ではVOICEROID、その他のソフトも有料・無料問わず続々登場する
  • 無料でありながら性能がミドルクラスの”VOICEVOX”が登場し人気になっている
  • 配信や動画制作には便利なものになるはずなので使ってみた!
  • 公式サイトからインストーラまたはzipファイルをダウンロードして使用する
  • 初期状態で多数の音声を使用可能、バリエーションも多数搭載
  • ゆかりねっとコネクターとわんコメも対応、設定方法も簡単
  • モデルによって規約は異なるため要確認
  • 遊びにも創作にも使えるので、まずはここから始めよう

合成音声の進化は凄まじい。多くの人が想像する合成音声はやはりボーカロイド(VOCALOID)、特に初音ミクだ。これが様々な名曲を生んだことは説明不要なほど有名である。確かに「機械的」ではあるのだが、それを超える美声が皆に受け入れられ、大量の作品が作られ、他のボーカロイド音声も作られ、今でも人気の文化の1つとなっている。そこからの様々な派生は、現実のアイテムにもなるほどである。

同時に、合成音声を文章読み上げに使用することについても発展が見られた。単純な棒読みで、感情が見られないものが一般的だったそれはAIを利用して急速に進化した。所謂ディープラーニングによって、その膨大なパラメータを学習し、もはや人間なのか機械音声なのかの区別が殆どつかないほどに仕上がっている。人間らしい抑揚やアクセントを意識した自然な読み上げが可能なものが多くなっていて、それはもはや「人間」である。

大抵はそれらは有料のソフトウェアとなるが、ある程度の性能を落としたうえで無料で使用できるものが存在した。それが”VOICEVOX”である。これはVOICEVOXのオープンソースソフトウェア(OSS)版をベースとしてドワンゴ社員のヒロシバ氏を筆頭に開発されたものである。区別のために製品版とも称されるこれは、OSSでは不可能な「版権もの」が実装されている点で異なる。そこには有名音声も多数、デフォルトで搭載されている。また、ゆかNEO・わんコメがVOICEVOX読み上げに対応しているので、実際に使ってみることにした。

【スタイル共有】ゆかNEO×わんコメ指南書:字幕表示をテンプレートでカスタマイズ

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 字幕と翻訳のゆかNEOとコメントツールのわんコメ
  • 双方での連携が強化され、連携に至る設定機能も簡易化が目指されている
  • 連携することで使える特別な機能が存在する
  • 連携による目玉機能がわんコメテンプレートをゆかNEOで使用できること
  • 以前はテンプレートを正式にサポートしていないため使用が難しかった
  • バージョン更新によってテンプレートを簡単にゆかNEOに導入可能になった
  • テンプレートを使用した場合は認識結果が残るタイプとなる
  • Wordpartyも連携することでゆかNEOの音声認識経由で動作させられる
  • 編集はわんコメから行うが、直接参照のためリロードだけで反映
  • 折角連携するのなら、機能を知ってフル活用していく

あるソフトウェアないしツールがある。それは決してメジャーではないが、必要とする人にとっては重宝されるもので、更新があれば必ず更新を行って最新版にして使用することが多いものである。だが更新情報を見て、今まで存在していた便利機能が削除されてしまうが、最新版にしなければ使えないと分かっているとき。人は「進化」を止めてしまうのだろうか。或いは妥協や代替案で乗り切るのか。このあたりは実に悩ましいところである。

気になったので書いてみたら意外に反響が多いシリーズが、配信者向けの補助ツール解説である。メインで書いているのはゆかコネ/ゆかNEOとわんコメで、それに関連するツール、さらにはVTuberがよく使うであろうツールについても解説をするようになった。また、ゆかNEOとわんコメについては、ゆかコネ公式ガイドclea氏とアンバサダーの卯塚ウウ(うーちゃん, わんコメアンバサダー兼任)から情報を貰って調査に役立てている。特にうーちゃんは最新の情報をよく収集しているため、そこから最新情報を知ることができる。

そこから得たゆかNEOとわんコメの最新情報で、最新版において連携機能がさらに強化された結果、わんコメのテンプレートをゆかNEOで利用しやすくなったのである。それまで非公式ながらサポートしていた機能であるが、どうしても設定と導入が面倒であった。その苦労を一気に解消し、より使いやすく、わかりやすくなったゆかNEOとわんコメ。でも一体何がどうなっているかがよくわからないという人も多いはずなので、記事ベース解説によって、これを読んだらもう使えるようになっている、を目指すのが今回の趣旨である。

【隙のない配信を可能に】「わんコメ」使ってみた!~ゆかNEO連携編~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 分けて解説すると分かりやすいわんコメ解説記事第3回目
  • 第2回目は一部テンプレート解説と3.1.0以降の変更について解説した
  • わんコメでも取得したコメントを翻訳できればより楽になる
  • 翻訳と字幕の代表「ゆかりねっとコネクターNEO」と連携ができるわんコメ
  • ゆかNEOの接続設定をわんコメに入力して相互通信が可能となる
  • 連携すると取得したコメントがゆかNEO経由で翻訳されるようになる
  • 配信全体、ユーザー単位、コメント単位で翻訳対象を決められる
  • 読み上げ機能も翻訳に対して読み上げることが可能になる
  • 両方を使いこなせば、隙のない配信ができる

最近に感じることは、技術の悪用が多いということだ。私のブログに対する不特定多数の、本来アクセスの必要ないphpファイルへのアクセス、リファラースパム、DDoS攻撃。これらもプログラミングによって自動で攻撃するように設計されたものが多くなっている。加えて痕跡を残さないためにVPNやプロキシを経由することも多くなっている。本来このような使い方は想定されていないわけで、技術を正しく使うことができない人間の姿をした蟲が多くなってしまっている現状を省みると、インターネットをライセンス制とすべきではないかという思いが強くなっている。

書きたいことが多くなるので分けて書いてきたわんコメ解説記事も早くも第3回目となった。これまで書いてきたのは初歩的な導入方法、配信で実際にどう見えるか、特定のテンプレートの動作解説、3.1.0以降の更新内容についてである。ここで書いている情報は実際に調査した結果をもとにしているので、ドキュメントを見ただけではわからないことの一部をカバーするような形となっている。流石に全部を網羅するのは不可能だ。

第3回目となる今回は、わんコメとゆかNEOを連携させて使用することである。2つのツールの連携についてはゆかコネ3周年イベントの際に予定が明示され、更新履歴からおそらく2.1.0あたりで導入されていたものと思われる。ゆかNEOは字幕表示と翻訳において現在最も使われているであろうツールであり、そこから翻訳機能を借りて、わんコメで取得したコメントも翻訳しようという試みが行われた。翻訳もできる、コメントも装飾できる、字幕と翻訳も表示する。一度にこれらができれば配信において隙がなくなるであろうこれ、効果を確かめるため自分で検証し、その結果をここに記していく。

【配信画面をアップグレードする】「わんコメ」使ってみた!~配信実践編~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 書きたいことが多すぎるのでわんコメ解説記事第2回目
  • 前回は導入からOBSへの反映までを行った
  • わんコメは自分の配信で使用してこそ意味がある
  • 機能テストも兼ねて実際に設定して配信を行ってみる
  • 全てのテンプレートは標準ブラウザで確認できる
  • 様々なテンプレートで試してみた、その風景を一部切り取って掲載
  • 同時にバージョン3.1.0以降の更新についても解説
  • 自己防衛手段、Pro版の実装も行われた
  • これだけ出来れば配信画面は自分だけのものになる

日本国憲法第十三条の「公共の福祉」という部分についてたまに考える。日本国憲法自体は昭和21年、つまり1946年制定・施行であり、当時のアメリカの政治思想も含んだ憲法となっている。そのせいか第九条は毎日議論されがちだが、むしろ一般国民の生活において重要なのは第三章「国民の権利及び義務」である。最近に起こった、自己中心的な特許出願で私はどういうわけか真っ先に思い浮かんだのが第十三条だった。その特許によってこれまで活発的に行われていた創作活動に多大な影響が発生し、創作の衰退の原因となるのであれば、幸福追求権に対して課せられる「公共の福祉」に反さないことを満たしていないため、無効な申請になるのではないか。そう考えたが、その話は私にはあまり関係がないため、首を突っ込むのはやめている。

それはさておき、前回は配信におけるコメント周りをサポートしてくれるツール「わんコメ」について、導入編としてインストールからテンプレートを配信ソフト(OBS)にコピペし、そのコメントを画面内に映すまでを行った。記事内では自分以外の任意の配信者のコメント欄にアクセスし、それをOBSで表示できるかという、テストを行ったものである。実際に配信して検証したわけではないため、まだ「配信する/した」という視点からわんコメを評価できていないのである。

よって第2回目の記事では、SLOBSで任意のテンプレートを取り込んで、それで実際に配信し、コメントが来た場合にどうなるか、そしてその結果どのように映るのかというのを配信後の画面を見て振り返る。その際、わんコメの3.1.0以降に変わった点も同時に見ていき、その解説を第2回目記事として書いていく。

【コメント設定の強い味方】「わんコメ」使ってみた!~導入編~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 配信において重要な要素となるコメント
  • 単に表示するだけでもいいが、欲があると「もう少し装飾」したくなる
  • 配信の「コメント」は装飾がしにくいものである
  • コメント関係の設定をひとまとめにして扱いやすくしたのが「わんコメ
  • 導入は簡単、各種プラットフォームにも幅広く対応している
  • 公式ドキュメントのマニュアルが揃っており、初心者でも安心
  • 豊富に用意されたテンプレートでコメントを簡単に装飾できる
  • オフライン下でもテスト機能があり、調整がいつでも可能
  • 導入も設定も実に簡単、次回以降もわんコメ記事を書く

適材適所という言葉がある。これはビジネス用語の1つとなっており、国語辞典的には『その人の能力・性質によくあてはまる地位や任務を与えること。』と定義している。だが私個人的にはこの言葉があるにも関わらず、義務教育では未だにゼネラリストを育てるようなことを繰り返していて、全く時代にそぐわないことをやっている。それで様々な部分で海外に越され、日本の強みがなくなってきている。唯一の強みは「奴隷」を育て、使いつぶすことは最も得意ということだけだ。

適材適所の関係はソフトウェアやツールにも同じことが言える。Nao氏制作のツールを見ると分かるが、代表作となるゆかコネ以外にも多数のツールを制作していて、それぞれは継続して更新を行っている。ツールとしてほぼ完成したものがある一方で、常にユーザーの要望に応え、市場を見ながら改良を続けるものがある。そしてそれはNao氏以外もそうである。その手のツールを作る人は、この世界にはツールの数だけ存在する。

コメントについて注目し、制作したツールで有名になりつつあるツールはもう1つあった。これもまた個人開発のツールである。制作者はWeb犬アスティ氏で、インターネット上では「犬」の存在であるその人(?)が作り上げたのが「わんコメ」である。開発者自身が犬であることとコメント関係を1つにまとめることをかけて命名されたであろうそれは、多くの人から評価を受け、ゆかNEOとのコラボも行われるようにもなったツールだ。事前に内容を確認すると、その内容が濃い可能性を感じた今回は導入し、コメントをOBSに反映させるまでを行う。書く前からして、これは名作の予感である。

【まだまだ進化する】ゆかりねっとコネクターNEO使ってみた!:2022新機能解説編

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 字幕のリアルタイム表示と翻訳で有名になりつつあるゆかりねっとコネクターNEO
  • ゆかりねっとコネクターよりも利用者が増えたことで開発優先度が上がった
  • 定期的に新しい機能が追加され更新されるので再度記事を書くことに
  • 検証対象は開発版、安定性を保証しない分最速で最新機能が追加される
  • ゆかコネ3周年イベントで先行公開された話者表示機能も最近の更新で追加
  • わんコメコラボによりわんコメとの連携も可能になった
  • 字幕表示レイアウトも複数追加され、見せ方も多彩に選べる
  • 各種プラグイン、マニュアルはゆかNEOの取説ページに殆ど存在
  • 情報は十分揃っている、今から使い始めても大丈夫だ

「何かを始めるのに遅いはない」、これはどこかの誰かが言った、割と多くの人が同意していることである。しかし始めるのが遅いと、どうしてもそのコンテンツに既に触れている人と比較して気後れをしてしまう人がいることは、十分あり得ることだ。これはどんなコンテンツでも起こることであり、特にゲームにおいてはそれが顕著である。インターネット接続を前提とするものは尚更であろう。

逆にツールについては遅くから始めると、今まで触れてこなかったことに後悔を覚えつつも、その便利さに愛用し続けるようになることも珍しくない。その1つにゆかりねっとコネクターがある。リアルタイムで翻訳を行い、字幕表示も同時に行えるNao氏が制作したコミュニケーションツールである。単純に翻訳と字幕表示を行うためのツールであったそれは、多彩なプラグインを搭載し他のソフトウェアとも連携が行えるようになった。そして軽量版となるゆかりねっとコネクターNEOが制作されると、「ほぼ同じことができる」ことによってメインの開発がこれに移行することとなった。

通常の仕事の合間に開発が進められる関係で常時更新とはならないが、ユーザーの要望を常に聞いては取り込むことを行っており、更新頻度はかなり早い。そのスピードはiOSのアップデート頻度より上だ。気付けば新しいバージョンが既にアップデートされていて、中身を色々変わってくる。その関係もあり、短い間隔ではあるが、再度ゆかNEOについて書くことにした。

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロックを検知しました。 | Ad block detected.

ブラウザのアドオン、及びブラウザに内蔵されているアドブロック機能により、広告ブロックが行われていることが検知されました。
本ブログは広告収入により運営されており、広告ブロックは正当な理由の下で配信されている広告をも阻害することとなり、運営が非常に困難になります。
この表示は広告ブロック機能の無効化、あるいはホワイトリストへの追加を行った上で、更新を行うことで消すことができます。または、広告ブロック機能のないブラウザで閲覧ください。
広告で嫌な思いをしたことがあるとは思いますが、一律に広告をブロックすることで失われるコンテンツも存在します。そのことへのご理解とご協力をお願いします。

We have detected that ad-blocking is being performed by browser add-ons and the browser’s built-in ad-blocking function.
This blog is operated by advertising revenue, and ad blocking will interfere with advertisements that are also being served under legitimate reasons, making it very difficult to operate.
This display can be removed by disabling the ad-blocking function or adding it to the white list and then updating it. Alternatively, please view the site with a browser that does not have an ad-blocking function.
We understand that you may have had bad experiences with advertisements, but there are some contents that are lost by uniformly blocking advertisements. We ask for your understanding and cooperation in this matter.

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock