Android | Kibekin BLOG.

【モニタ代わりにもなる】Alldocube iPlay 30Pro使ってみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • Androidはスマートフォンもタブレットもテレビも存在する
  • Androidタブレットは価格が性能に直結しやすい
  • 中華製タブレットはあたりとはずれのギャンブル
  • サブモニタとして、性能を重視しつつ価格を抑えるため中華タブレットを中古市場で漁る
  • 深圳のAlldocubeからiPlay 30 Proを入手したので使ってみた!
  • 圧倒的な7000mAhバッテリーと1920×1200の解像度を持つ
  • ブラウザや動画に関しては問題なし、ゲームは軽量設定なら行ける
  • SuperDisplayでの使用は問題なし、途中で接続が切れることもない
  • 専用フィルムやケースはないため汎用のものを流用する
  • 中華タブレットは一般用途に十分なスペックがあればモニタになる

最近、妹ちゃんの活動のためにあらゆる機材を調達することが多くなった。最も大きい調達機材はHASEE Kingbook T65だが、これは意外にも¥25,000のストレート落札によって入手成功している。入手以降は非常に高性能な配信用PCとして、しかもラップトップであるので持ち運びができ、任意の場所に配置できるという特性を生かし、主に妹ちゃん専用として運用されている。

ゲーム用PCは元々純粋にゲームをするために使用するものだったので、1つのモニタしか用意していない。また、スペース的にもう1台のモニタを置く余裕もない。だからといって小型のモニタを使おうとすると、解像度で引っかかる。大抵は1280×720(HD)以下で、これでは表示したいものも表示できないため、結果的にただ金を無駄にするだけとなる。そこで思いついたのが、タブレットをモニタ化するということである。

しかしタブレットもピンキリだ。安いが性能が極端に悪く、普通の使い方さえ満足にできないものがある中で、もはやゲーム用としか言えないほどの性能で超高額という石油王しか使わないものもある。モニタ用途に性能はそこまで要らないが、かといってCPUもRAMも貧弱では話にならない。条件を満たす中古品はないかと探していた時、中華PC・タブレットで最近勢いのあるAlldocubeから、条件を満たした中古品を発見した。iPlay 30 Proは、一般的なスマホに匹敵するスペックを持ちながらFHDである。モニタ以外にも使えそうなため、調査することにした。

【ハイスペックタブレットに変化】Android-x86使ってみた!~VKT12SG-5をAndroidで~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 偶然で手に入れて活躍中のVKT12SG-5
  • 「タブレット」PCならタブレット対応OSを入れて使えるはず
  • 有志によってAndroid OSがx86で使えるように移植したバージョンが作られる
  • 使えそうなのでVKT12SG-5に最新安定版8.1を入れてみた!
  • インストールにはisoをダウンロードし、それをもとにLiveメディアを作成する
  • デュアルブート対応にするにはインストール時の設定に注意
  • インストール後の最低限の設定についても解説
  • 端末エミュレータはTermuxよりもできることが多く、suも使用できる
  • 容量の調整はインストールし直しが必要、最初に容量をきっちり決めることが重要
  • 少しの努力でちょっとした「ハイスペックAndroidタブレット」は容易に実現できる

変わったことがしたい、というのは私の場合料理とPCの話で特に強い。料理の場合はパスタにおいて独自の味付けを作ることで、飽きることなくパスタを食べ続けることができると共に、新しいパスタの提案にも繋がる。PCの場合は私が特殊な使い方をすることが多いために、少し変わった方法であると自分の要望に応えられるためである。したがって今まで入手したPCが法人向けPCであるのは、必然と言えるであろう。

VKT12SG-5を入手してからというもの、様々な使い方で活躍しているが、それは殆どWindowsとしての利用である。元々Windows OSで使用することを想定して設計されたものである以上は他のOSを入れて運用するということも少ない。そもそも法人向けのタブレットPCでWindows以外を業務で使用することはあまりないはずだ。よってこの手のもので情報がなかったとしても何ら不思議ではないのである。

そんな中、OSの1つであるAndroidはスマートフォンでもタブレットでも使用できるOSであるが、それを一般的なPC、つまりx86に代表されるCPUでも使用可能にすることが有志の手によって行われるようになった。そのOSこそ、Android-x86である。本来はSoC向けに開発されたOSを一般的なPCで使用できるように「移植」したものであるこれ、移植は有志によるものであるので最新OSに追いつくことは難しいが、更新が積極的のため定期的に新しいイメージファイルがアップロードされている。今回はその中から最新安定版を使い、その内実を書いていく。

【SoftBank×iPhoneだけのサービス】Eメールが使用不可能!SoftBankでiPhoneからAndroidに替えるときの注意点

この記事の概要を簡単まとめ!

  • SoftBankでiPhoneユーザーはEメール(@i.softbank.jp)が使用できる
  • S!メール(MMS:@softbank.ne.jp)よりも使いやすく画像も送りやすい
  • AndroidにEメールサービスはない
  • iPhoneからAndroidへ替える際はサイトサービスのアドレス変更忘れに注意
  • SNS・チャット主流の時代にメールは流行らない?

iPhoneにメリットや独特の機能を見出せず、Android(Xperia)に変更した私である。それまでは全く意識していなかったが、実はSoftBankの場合、iPhoneにはiPhoneだけの特典があった。それは、Eメール(@i.softbank.jp)が使用できることである。おそらく、殆どの人は意識したことがないが、これはiPhoneユーザーだけのサービスであったことに後々気付いたのである。

【スマホで画面分割】作業効率改善!Xperia 1「21:9 マルチウィンドウ」の使い方

この記事の概要を簡単まとめ!

  • Xperia 1は21:9, 6.5inchの大画面
  • 新機能「21:9 マルチウィンドウ」を搭載、使い方を解説
  • アプリによって使えるのと使えないのがある
  • SNSを使う人のスタンダードになる

スマートフォンの進化は、現段階では飽和状態になっている。市場そのものも、衰退はしていないものの落ち着いているという状況である。トリプルカメラや大画といった技術は既に色々なメーカーが行っている。

その中でSONYのXperia 1は、トリプルカメラを装備し、6.5inch1)6.5inch=16.51cm。そのうち画面領域は実測で大体15.4cmだった。そのため画面領域は約6.1inchとなる。のディスプレイを持つ。特徴的なのは、21:9ディスプレイを活かしたマルチウィンドウができることである。

脚注

脚注
本文へ1 6.5inch=16.51cm。そのうち画面領域は実測で大体15.4cmだった。そのため画面領域は約6.1inchとなる。

【iOSからAndroidへ】iPhone11の流れに逆行!Xperia 1に機種変更のお話

SONY Xperia sample photo
Влада Петрова

 

この記事の概要を簡単まとめ!

  • iPhone6S、ほぼ壊れかけて機種変更!
  • iPhone11系発売直後だったが選んだのはXperia 1
  • ゲーム機よりも音楽と映像とスマートフォンに強いSONYの技術力
  • 今後も使用レポートなどを書く予定

いままでメイン機はiPhoneだったが、ずっとAndroidに換えたいと思っていた。そしてついにチャンスが来て、私はXperia 1を選んだのだ。

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロックを検知しました。 | Ad block detected.

ブラウザのアドオン、及びブラウザに内蔵されているアドブロック機能により、広告ブロックが行われていることが検知されました。
本ブログは広告収入により運営されており、広告ブロックは正当な理由の下で配信されている広告をも阻害することとなり、運営が非常に困難になります。
この表示は広告ブロック機能の無効化、あるいはホワイトリストへの追加を行った上で、更新を行うことで消すことができます。または、広告ブロック機能のないブラウザで閲覧ください。
広告で嫌な思いをしたことがあるとは思いますが、一律に広告をブロックすることで失われるコンテンツも存在します。そのことへのご理解とご協力をお願いします。

We have detected that ad-blocking is being performed by browser add-ons and the browser’s built-in ad-blocking function.
This blog is operated by advertising revenue, and ad blocking will interfere with advertisements that are also being served under legitimate reasons, making it very difficult to operate.
This display can be removed by disabling the ad-blocking function or adding it to the white list and then updating it. Alternatively, please view the site with a browser that does not have an ad-blocking function.
We understand that you may have had bad experiences with advertisements, but there are some contents that are lost by uniformly blocking advertisements. We ask for your understanding and cooperation in this matter.

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock