【未知の世界が待っている】”cluster”使ってみた!~初めてのVR世界へ~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 少し前、Oculus Quest (2019)を入手しVR世界への鍵を手に入れた
  • VR系SNSはVRChat(VRC)とclustrerの2つに分かれる
  • VRChatは情報はほぼ既出、よって私はclusterを検証する
  • 初めて使うため、登録から実際に自由に動けるようになるまでを調査
  • VRデバイス以外に様々なプラットフォームに対応し、登録はそこからも可能
  • 任意のサービスと連携することで、ログインが簡単になる設計
  • 最初は適当なプリセットのアバターを借りて歩き回れる
  • 標準でAvatar Makerがあり、ある程度自由に作れる
  • 今後もclusterをはじめとしたVR関連記事は増やしていく

人は未知を恐れる。それは一般的反応であり、特記すべきことではない。では逆に、その未知に対する恐怖を克服或いは抑制するにはどうしたらいいのだろうか。私が知りたいのはそれである。未知への恐怖をどうにかしなければ新しいものには巡り合えないわけで、その意味では人間の謎と言えるものだ。

私にとっての未知といえば、VR世界。それは今までVRデバイスがないこと、VRでやりたいことが全くないために触れることもなかった世界である。このまま過ごしていれば一生触れなかったであろうそれは、最近の活動の関係もあって知らなければわからないことが増えてきた。そうして手にした旧世代機であるOculus Quest (2019)、ここ最近は忙しく、使う暇がなかった。

現在はなんとか落ち着いたため、Questを使い、それを記事にする時間ができるようになった。本当のところはゲームを記事にしたいのだが、何せ部屋が狭いために自由に動けない状態だ。そこで最初にやるものとして目を付けたのが、VRChatと並ぶバーチャルSNS、clusterである。順序的にVRChatを先に紹介した方がいいのではと思う人もいるが、あえてclusterを選んだ理由は簡単。ゆかコネ3周年イベントはclusterで行われたためだ。ということで、今回はclusterに触れるのは初回となるため、登録から自由に動けるようになるまでをここで解説していく。