【楽々ディスクメンテナンス】”EaseUS Partition Master”使ってみた!~使用方法&レビュー~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 前回に引き続き中国EaseUS Softwareのソフトウェアレビュー記事
  • PCにおけるパーティションは1つのディスク内に区切りを設けること
  • パーティション管理はWindows標準機能では制約が存在し、不十分
  • パーティション管理をより楽に行えるのが”EaseUS Partition Master”
  • 無料アップグレード付き永久版ライセンスは7000円以内、これも良心的価格
  • ディスク内の任意のパーティション増やしたり減らしたりすることが簡単にできる
  • MBRの修復やディスクタイプの変換もこれ1つで簡単に行える
  • パーティション単位で、パーティションの移動も分割も結合も自由に行える
  • ディスクを使えるようにする「フォーマット」もPartition Masterで完結
  • 総合評価:ディスク管理で「したいこと」がこれ1つで広くカバーできる
  • EaseUS Partition Master“1つでディスク管理はより楽になる

タブレットPC、またの名を2in1とも言うそれは、一般的なラップトップに対して性能が落ちるが、携行性と操作の直観性に優れている。本格的なゲームをするでなく、ブラウジングや動画再生、事務作業レベルであればほぼ支障がない。CPUとRAMが十分であるなら負荷の軽いゲームであればプレイできるであろうが、その場合はどうしても高額になりがちである。そもそも2in1に求めるのは前述の2項目であり、外に持ち運びする関係から高額でない方が気軽に使える気がしている。

さて、PCを使うとき、デスクトップは2つ以上のディスクを、ラップトップやタブレットは特殊なもの以外は1つのディスクを接続することができる。その際、容量が小さい場合は1つのディスク=1つのドライブとして、容量が大きい場合は1つのディスクに複数のドライブを設定して運用することであろう。このとき1つのディスクで複数のドライブに仕切ったその1つ1つの領域のことをパーティションと呼ぶ。日本語の意味で「仕切り」のことである。

最近はあえてパーティションを設定している人は少ないようだが、パーティションを設定する理由はシステムドライブとデータドライブの分離であり、他にもメリットが存在するが、デメリットもある。しかしWindowsは仕様であるのか、移動できないファイルの存在等でパーティションを全く管理できないことがある。そんな困ったを解決するソフトウェアがEaseUSから開発・販売している”Partition Master”である。これはパーティション管理を中心にクローンやデータ復元なども行えてしまう、多機能なソフトウェアであった。EaseUS Softwareレビュー第3弾、今回はPartition Masterを余すところなく詳しく見ていく。

【データを守ろう】”EaseUS Todo Backup”使ってみた!~使用方法&レビュー~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 様々なPCのバックアップ・クローンソフトウェアを開発している中国のEaseUS Software
  • 以前にEaseUS製PC間データ移行ソフトウェア”Todo PCTrans”をレビューした
  • ディスクのバックアップはOS標準で不可能ではないが面倒である
  • バックアップもクローンも簡単に行えるソフトウェア”EaseUS Todo Backup”
  • 永久版ライセンスでも8,000円以内の良心的設定価格
  • バックアップ」でファイル単位でフォルダやディスクごとバックアップできる
  • クローン」で別のディスクに使用中のディスクを複製できる
  • 総合評価:悪いところが見当たらないくらい使いやすい
  • “EaseUS Todo Backup”があれば、データの消失も怖くない

最近、安くてそれなりなPCというものに関心がある。その多くは中国製PCで、ロープライス・ロースペックを追求する方針である。ブラウジングや動画を見る、Officeを使うレベルの一般用途を想定して、3万円台で解像度FHDというものが多く出回っている。CPUはCeleronまたはAtomで2in1タブレットPCとして使用できるものが多く、バッテリーは2~3時間程度だがモバイルバッテリー対応型が多く、外に持ち出して使うには十分なものになっている。いざというときには使えそうである。私も1つ欲しくなってきた。

さて、PCを利用する上で気を付けなければならないことは何か。今頭に思い浮かんだことはおそらくどれも気を付けなければならないことだろうが、ストレージも気を付けなければならないこととして、優先度の高いものとなる。実は消耗品であるPCとそのパーツ類、ストレージは突然に壊れることがあるのも事実。稼働部品のあるHDDはもちろんのこと、SSDもNANDが書き込みとデータ削除を行うたびに摩耗し、例えメーカーの保証する耐久限度に至らなくとも突然に壊れてしまうリスクがある。したがって、いつ何時壊れてもいいよう、別のストレージに物理バックアップが必要になってくるのである。

しかし多くの人はバックアップを行うことを怠っている。それはバックアップを取るのが面倒だと思う人が多いからだ。確かに面倒だが、そんなバックアップを誰でも簡単にできるようにしてくれるソフトウェアがこの世界にはちゃんと存在した。中国国内はもちろん世界で活躍する企業、EaseUS Sowftware。ここが開発・販売している”Todo Backup”は、PCのバックアップはもちろんクローンも行える、バックアップ革命と言えるソフトウェアであった。今回はTodo Backupを、余すところなく詳しく見ていく。

【PCの簡単引越し】”Easeus Todo PCTrans”PC移行機能の使用方法とレビュー

この記事の概要を簡単まとめ!

  • EaseUS製のデータ移行ソフト”EaseUS Todo PCTrans”
  • ソフトウェアを移行したいPC同士に入れて使用する
  • 最低額3980円+税で3種類の転送方法が利用可能
  • アプリのユーザーデータも移行可能
  • システムクリーンアップも実行可能(解説は割愛)
  • PC間の移行はもっと楽になる

2020年1月14日をもって、Windows7のサポート終了によりWindows10への移行が進んでいる。その際、古いPCからWindows10がプリインストールされているPCに乗り換えるという人も多い。しかし新しいPCを導入すると、ユーザー設定を1からカスタマイズしなおすという面倒な事態が発生する。そのためなかなかPCの買い替えが進まない現状もある。

そこで、古いPCのアプリやデータ、アカウントをそのまま移行できれば、PCの乗り換えもスムーズに行えるはずである。そんな理想を叶えるソフトウェアをEaseUSが作り上げた。今回紹介するのは、PC引っ越しソフト、”EaseUS Todo PCTrans”である。