【使い方次第】SNS第3勢力”Gab”を使ってみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • Twitterを追われたトランプが逃げた先として有名なSNS”Gab”
  • Twitter他中央集権型SNSが奪った「言論の自由」のSNS
  • 極端な政治思想保持者が集まるため多方面から嫌悪される
  • 無謀にもリンクス岐部が登録してみる
  • 登録は簡単、UIはTwitterライク、システムはマストドンライク
  • 初期グループはIntroduce Yourself、マストドンのLTLに相当
  • 一部機能が有料限定、そして全体的に使いづらい
  • 勇気ある者だけが利用する場所

Twitterは誰も批判していなくても、ちょっと攻撃的だとすぐ凍結するという無差別凍結は相変わらずだ。それでいて特定思想は擁護するのだから、本当にタチが悪い。その上他のSNSを平然とパクっては自分のものにしているとなれば、やっていることは大陸から海側に飛び出ているどこかの大統領が頭の悪い国のようである。ミサイルを撃つやばい国のお隣さんのことだ。

さて、SNSは2020年、大変な盛り上がりを見せている。全ては特定思想優遇/排除と無差別凍結、表現の自由の不当な弾圧を行い続けるオワコンSNSの究極神Twitterとその運営が悪いのだが、これを受けて中央集権型であるFacebook, Instagramでも同様の事態が発生している。その結果、多くの従来型SNSを追われた一般ユーザーはマストドンへ逃げ込むことが多くなった。分散型SNSの概念はこれから浸透していくことであろう。

それとは別にTwitterを追われた、主に白人男性ユーザーが多いSNSがある。名称はGab。このSNSは世間一般にはTwitterを事実上出禁になっているドナルド・トランプが利用しているSNSとして有名であり、極端な政治思想を持つ者達の最後の安息の地である。というのも、多く極端な政治思想を持つ者は過激発言故に殆どのSNSを「追放」されている経験があるが、Gabは言論の自由を掲げており、Gab上の過激発言だけではGab運営は一切取り締まらないためである。何でも言い放題のSNSである。

だが、私の周囲には残念ながらユーザーは全くいない。私が確認できた範囲で1人だけ居たが、SNSとして面白くなかったようでGabには行かなくなったようだ。その状況では、内実を知ることは難しいであろう。そこで今回は私が実際にGabに登録し、その内実についてレポートしていく。まだ登録して活動を始めたばかりのため全てがわかっているわけではないが、Gabの内実を知るには十分であろう。