【生きている人間は怖い】続・リアルな呪い体験談:父に憑依する生霊

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 以前、父の生霊事件について記事にまとめた
  • 「対策」を施しても、それを上回る強い生霊の力
  • その力はあまりにも強く、母にも危害を加えた
  • しかし、存在を知らないのか私には危害が及んでいない
  • 7月27日午前1時頃、豹変する父の状態に「戦闘態勢」
  • 2ラウンド、約1時間の緊急除霊の結果、父の憑依を解除することに成功
  • 父は憑依されていた時の記憶がない
  • 負の感情は憑依されやすいのか
  • 現在も継続する呪い、だが負ける気はしない

人を妬むということは、自分の人生を無駄にすることと同じだと考えている。しかも人を妬み恨んだところで変わることはなく、呪術的な手法によって人を苦しめるというのであれば、それは人として最もしてはいけない行いである。地獄行きの片道切符を無料で手にして、何も得られぬままに地獄で同じ苦しみを自らが味わうというものだ。人を妬むのはそれほどまでに不毛な行為である。

さて、以前に私の父に憑りついている生霊と、その生霊による呪いの事象について書いたものを公開している。その時の締めは「対策は継続中」としていて、実際呪いはまだ続いていた。川崎大師から弘法大師の力を借り、一時はその呪いを軽減できていたのだが、相手が異常なまでのストーカーでサイコパスであったようで、より強い呪いをかけてくるようになったのである。

その影響は父だけでなく、母にまで身体的に危害を及ぼす程強くなった。また父に対しても意識を失わせて身体を乗っ取るなど、より直接的に妨害するようになってきたのである。怪談を聞くのは好きだが決して語る側でなかった私が、本当の意味で「怪談」を語る側になってしまった今、何が起きたかについて、ここに続きを詳細に書いていくことにする。

【前後にやたらイベント事】7月23日:KIBEKIN誕生日をKIBEKINが語る

この記事の概要を簡単まとめ!

  • KIBEKINの誕生日は7月23日
  • 1995年、下手すれば死亡率の高い事件に巻き込まれていた年
  • 26歳の誕生日は最悪のゴミンピックと被る
  • 誕生日よりもその前後にイベント事がやたら多い?
  • 7月23日の運は全て私が持って行った?
  • だが結局この26年、何のために生きてきたのかわからない
  • しかし料理とブログがある以上、とりあえずは生き続けてみる
  • 7月23日=KIBEKIN、を目指して

ジャップは「普通」でいることを昔から強要される。生きているだけで血税を盗られ、金がなくても健康保険料とオワコン年金を払わなければならないという、古来から伝わる制度上の欠陥を晒したまま将来的に何も改善されることもないそれは、生きるのを辛くさせる原因の1つである。一応、オワコン年金については申請により免除が可能となるが、健康保険料は最低でも¥2,000以下だが月額払わなければならないという追い打ち付きである。今の時代、生保すらまともに申請が通らないことが多いので、死が唯一の救いと錯覚するのも理解できる。

ところで、7月23日を以って26歳となった。無駄に26年も生きてしまったことになる。正直、ここまで生きていること自体不思議でしかないのだが、皮肉にも誕生日に上級國民集団の自己満足のためにゴミンピックを強行開催しその開会式と重なるという、誕生日なのにジャップの歴史の汚点の日になってしまった。これについては避けられない運命的なものであるのかもしれない。それとは別に、私の誕生日の前後はやたらイベント事があり、誕生日に被らないタイミングで何かが行われたことが過去に何度もある。その中にはジャップの歴史の分岐点となるものもあった。

7月23日、多くにとって何の変哲もない日であり、特別なことが起きた日なのは非常に直近のゴミンピック以外には存在しない。私にとっては誕生日という以外には特別ではない日。そうだとすれば特別取り沙汰されるようなものではないこれだが、誕生日なので折角なら語ってみるのも面白いと感じたのである。閲覧者にとってはKIBEKINを知る、いい機会であろう。

【ブログ一本か、マルチタレントか】自分生存術:今後の生き方を考える

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 社畜適性0から始めた「KIBEKIN」のブログ
  • KIBEKIN=ブログクリエイターは第一印象
  • ブログは収益は発生しているがこれだけでは不十分
  • 現在はブログ以外のことも趣味の範囲でやっている
  • その趣味、果たして「金」にすることはできないか
  • しかし趣味と仕事は別にした方がいいと言われる
  • 「仕事にして楽しい」なら問題はない?
  • マルチタレントはありにはありなので考慮しておく

心霊体験は、自身や家族に対して危害を加えるようなものであれば、それは勘弁である。ネタにはなるのだが、しかし継続して今後の生活に支障があれば、それは体験したくない話である。前回書いた家族の心霊体験については、まさしく「二度と体験したくない」話だ。単純な「結局何だったのか分からないけどなんかこういうことがあった」ような単発系だったら良かったのだが。

何かあれば、それをネタとして1本の記事とすることを表向きの「仕事」としている私KIBEKIN。この仕事は所謂「ブロガー」というERを付けただけのクソダサネームでまとめられる。ただ、その名前は嫌いなので私は「ブログクリエイター」としている。これはよく、社会不適合者で普通に働けない人におすすめの稼ぎ方として、いい加減なことを書いているアヘカスブログが推奨しているものである。が、実際に稼げているのはYouTuberと同じ、ほんの一部でしかない。それで言えば私は底辺層の、ゴミレベルのブログクリエイターだ。

それ以外の、趣味の範囲であり金にならないこともやっている。寧ろ、その方が多いのではないだろうか。ただ、この趣味は趣味によって金がかかるものがあるのと、その趣味で金銭の授受が発生する場合、主に人間関係的な問題が発生しやすい。したがって、趣味は趣味の領域を出ないのが普通である。とはいえ、表向きの「本業」であるブログクリエイターは、実に収益が少ない。そのため考えていることがある。それは私がマルチタレントとして、様々な趣味を仕事にして収益を出してみるということだ。今回はそのことについて考えていく、自己満記事になる。

【ある意味で怖い】リアルな呪い体験談:父の体調の異変と生霊?の存在

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 怪談や心霊映像系が好きなKIBEKIN
  • 両親もまた怪談や心霊映像系が好きである
  • 最近父が何者かからの生霊と思われるものに憑かれている
  • 原因不明の体調不良が起きるようになり、対策を講じる
  • ある日電話で父に繋げると謎の女の声がした
  • 余談:蚊が常に1匹以上いるのは「呪い」なのか?
  • 対策は継続中、場合によってはお祓いも。逆恨みにはくれぐれも気を付けて…

人を呪わば穴二つ、とはよく言われるもので、地獄少女でもおなじみのフレーズである。よくケツの穴が増えるとか言っている人がいるが、増えたらそれは人工肛門である。現実の世界において、呪いを誰かにかけることや誰かに呪いをかけられることというのは、普通は全くないことであり、普通に生活している限りでは1度たりともそのことに触れずに生きていきそして死んでいくというものである。

だが時に人間とは恐ろしいものになる。その呪いを実行して、誰かを物理的または精神的に追い詰めて、最悪の場合は死に至ることすらあることを平然と行う、おそらくは復讐の念に憑りつかれたようなものが一定数存在する。一般に流通するフェイクドキュメンタリー(創られた心霊映像)とは比較にならないものである。霊は死んだ人間と生霊の2種類存在するが、一般に生霊の方が念が非常に強く、お祓いが効かない場合もあるほどで、危険な存在である。

何故こんな話をするかといえば、生霊による体調不良ないし精神的な沈み、所謂「霊障」が父に実際に幾度か発生しているからであり、作り話ではない「本当にあった怖い話」として1つの記事にして記録を残しておこうと思ったためである。心霊系が好きでも生霊や霊障とは全く無関係だと思っていたところ、私自身ではないが家族が生霊被害を受けたということで、今回はその詳細を書いていく。

【改名と決意】Project KIBEKIN:新しいスタート

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 執筆時点でWPブログ開始から約17カ月経過
  • 今まで「リンクス岐部」を名乗り活動してきた
  • 記事を書き続けるもネタに悩む日々を送る
  • あのYouTuberを見て続けるためのヒントを得た
  • 「何でもネタにしていた」ということに気付く
  • 再び転機を迎えた、変わるなら今
  • 決意はブログ名変更とHN変更
  • ブンブンハローインターネット、どうもKIBEKINです

社畜適性0。ある意味ではやる気の問題とされるであろう。またある人は「甘え」だと言うであろう。しかし、私には適性がなかった。だが、起業する能力もアイデアもパワーも資金もない。手元にあるのは、学生の頃からちまちまやっているブログだけだった。そこではまだリンクス岐部と語り、地道に書いていた。しかし、はてなブログを利用していてしかも収益化されていないので、そこではまだ趣味の域を出ることはなかった。

そんな私の1回目の転機として、2019年9月26日にWordPressに移行した。この後私は集中して取り組んで、WP本格開始からおよそ1ヶ月でGoogle AdSenseに合格するという結果を残した。ただ、これはまだ始まりに過ぎない。結果が出るのは、約1年経ってからである。それでも成果は微々たるものであり、今もそうであるが。

そして今回は、2回目の転機となると考えている。執筆時点で約17カ月、しかしオワコンSNSであるTwitterを嫌い、分散型SNSであるマストドンを中心に活動してきた。とはいえ、宣伝力で言えばまだTwitterの方が強いことは確かであり、これまで使用してきたHN「リンクス岐部」も、ややインパクトに欠けるものである。そんな中見たのが、あるYouTuberの存在である。

YouTubeは動画プラットフォームであり、WordPressは文字と画像のプラットフォームだ。両者は全く異なるものであるから、真似をすることは不可能だ。しかし「クリエイター」としてのスタイルや考え方については、参考にできるものがある。そこに気付いた私は、この記事で新しいスタートを切ることにした。リンクス岐部を改め、KIBEKINの誕生である。