【分散型Discord】Matrixで動くDiscordっぽいアプリ”Element”使ってみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • リアルタイム、オープンソースで軽量な通信プロトコル”Matrix”
  • 目指したのは「より安全な通信」と「分散型」
  • クライアントのリファレンス実装(=実例)が”Element”
  • のえる氏の管理するMatrix鯖でKIBEKINが実際に試してみる
  • 見た目がDiscordを意識したような構図、できることもそれらしく
  • 部屋を建てることも1vs1のチャットや通話も可能、ビデオ通話も対応
  • 他の鯖の部屋にも参加できる
  • 分散型Discordとして今後発展する可能性

新興SNSとは、急に流行するものには必ず裏が存在する。その多くはセキュリティと情報管理に不安要素を抱えるもので、β版はおろか公開版になってもその事実が公表されないことが多い。それが後で判明すれば、即座にオワコン確定となることが多い。今現在言われているのが中華系APIとサーバの使用が判明して一気に信用を失い価値がなくなりオワコン確定したClubhouse(本家)である。また、数字のないSNSが特徴であるGravityの運営元はHiClubで、これが中国・百度(baidu)関連である。早速オワコン確定の流れが来ている。どれも”Club”とついており、中国系=Clubが関係する法則でもあるのだろうか。

さて、そんな中で分散型の特性を持ったSNSやサービスが各所で注目されている中、通話機能についても分散型が注目されている。そこについてくるのは必ずJSON形式や連合といったものである。また、セキュリティについても注目されており、E2EE暗号化の採用で部屋の参加者だけしか読めない(=外部からは暗号化により読むことができない)ようになっている。つまり、管理者であっても特別な権限で許可されない限り読めないチャットルームが実現できるのである。なお犯罪悪用などについては別のお話である。

現在、焦点が当てられているのが通信プロトコル”Matrix”である。これを使ったリファレンス実装に”Element”という、Discordに似た、しかし分散型のような性質を持つチャットや通話が行えるメッセンジャーアプリケーション。これについて、KIBEKINが実際に利用してレポートしていく。