【安くてちゃんと拡大できる】中国製のUSB式デジタル顕微鏡使ってみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 電子工作は肉体的にも精神的にも消耗する作業である
  • 細かい部品は肉眼では見えないことが多い
  • 作業用の拡大鏡とカメラを使用したデジタル顕微鏡の存在
  • PCで使用可能なUSB式デジタル顕微鏡、安い中国製があるので使ってみた!
  • 特別なドライバを必要としないプラグアンドプレイの本体
  • ピントは本体で調整でき、LEDライトとキャプチャ機能付き
  • 専用のソフトウェアを使うと拡大や詳細な計測も可能に
  • WindowsではWebカメラとして認識され、外付けカメラとして使用可能
  • 見えにくい小さいものはこの顕微鏡1つで十分だ

小さなものを見るときは集中力を消費する。肉眼で見る場合には当然のことで、針に糸を通すことやビーズの玉をテグスに通すといった作業は見ながら手も動かす関係からさらに肉体的にも精神的にも疲労が重なるものである。若い内ならまだしも、年をとってくれば昔ほど体力もなくなり視力も低下するため苦戦しやすくなる。それらに対応するために様々な補助器具が存在し、きつい作業を楽にしてくれるのである。

電子工作をするときも、分解して非常に細かい電子回路の部品を交換するなどの作業が必要になることは多い。それは単位がnmレベルの非常に小さい世界であり、表面実装が当たり前となった現代では1つ1つのパーツは非常に小さく、同時にパーツのはんだ付けがされている場所は非常に近いものになっている。そのため肉眼では非常に辛いもので、大抵はライト付きの作業用ルーペを用いて作業を行うことが多い。ただ、大型で目が疲れるものである。

そこで使うのが顕微鏡だ。それも生物の実験で使用される光学顕微鏡でも、光学顕微鏡で視認不能なものを観るための電子顕微鏡でもない。カメラを使用してズームを調整することでピントを合わせ、撮影した映像をPCなどの機器に送信しそれを映し出す、デジタル顕微鏡である。光学レンズの代わりに画像素子を用いてモニタに表示するということで、新しいタイプの顕微鏡として扱われるこれ。一般には高額で、企業で使用するか学校の実験で使用するかくらいでないと触れることもないものだが、例によってAmazonには中国製の安い、USB式のデジタル顕微鏡があった。私も電子工作を行う身であるので、持っておくと便利であろうと同時、果たして使えるのかを検証し、その記録を1つの記事として残すことにした。

【これで1500円以内だと!?】中国製コンデンサマイク”M858″使ってみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 音を電気信号に変換して機械へ伝達する装置、マイク
  • 基本はダイナミック型とコンデンサ型の2種類がよく使われる
  • 簡単な構造で安価に作れるダイナミック型と、高精度で高音域もカバーできるが電源必須で高価になりがちなコンデンサ型
  • 所謂”YouTuber”や実況者は殆どがコンデンサ型を使う
  • 中国製にやはり、安価なのにコンデンサ型マイクがあるので使ってみた!
  • マイク自体に音量調整やエコーがあり、イヤホンジャックもミュートボタンもある
  • 指向性も音声も問題なし、耐久性はこれから検証だが普通に使える
  • 1500円以内、安すぎる怪しさとは裏腹にちゃんとしているマイク
  • アマチュアレベルならこれで十分と言ってしまえるものだった

同じジャンルのものであっても、形状・動作方式・サイズ・仕様等で全く異なるものになることは多々ある。例としてスマートフォンはOSを基準とすれば3つに分類され、次に仕様で分かれるといった感じだ。PCにおいては同じモデルであっても製造時期と採用するパーツによって、それぞれが別物として扱われることも多い。

その違いを最近実感したのはマイクである。マイクは2020年から始まった死のコロナウイルスの影響によりテレワークが急速に進んだことによって安価で粗悪なマイクですら一気に売れていったもので、現段階ではマイク需要は一定のラインを超えたため落ち着いている状態だ。その過程で、仕事用のマイクも多数が新規製造されていった。その多くはダイナミック型だ。安くて入手しやすいこれは私も知らずのうちに使っていた。

だが周囲の音を拾いやすいこれは、自分の声を正確に届けることやYouTube他の動画制作及び配信等で使用するには不十分なものである。その時に選択されるのがコンデンサ型である。コンデンサの片面に薄い振動膜を設置し、静電容量変化を電気信号に変換し、それを出力することでダイナミック型よりもクリアで指向性のある音声を届けられる。だがコンデンサ型は複雑な電子回路を有しているため、どうしても高額になりがちで手を出しにくいものになりがちだ。そんな中、またも中国が安くてちゃんと使えるコンデンサ型を製造していたのが判明したため、これを試すことにした。具体的な製品会社は不明だが型番はわかった。その型番は”M858″、購入時の価格はクーポンも使用して¥1,332だった。果たして本当に使えるのか、レビューしていくことにする。

【安くて強い】PC用ゲーミングモニター”ASUS VP228HE”使ってみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 台湾のメジャーなPC関連パーツ製造メーカー、ASUS
  • 一般用途からゲーミングまで幅広く取り扱う
  • モニター製造にも定評があるASUS
  • 低価格帯でありながらゲーミングモデル、VP228HE
  • 1万5000円以内では珍しい1msレスポンスのモニター
  • 2つのゲーミングサポート機能をモニターに搭載
  • スピーカーは残念ながらしょぼい
  • 普通に遊ぶなら、これで十分だ

PC関係の話で、ハードウェアについて取り上げる個人はなかなかいない。これはハードウェアの多くは金がかかるということが起因していると思われる。そのため、ハードウェアレビュー記事は多くがPC関係のサイトを運営している企業の誰かが、レビュー対象のアイテムを購入するか或いはレンタルして、その使用感を書くというものになっている。ちなみにApple製品を愛するHIKAKINはよくiPhoneを水没実験しているほか、Red♪の素材でもある(PRODUCT)REDのレビューも行っている。AirTag水没実験はまだなのだろうか。

さて、私はそれらとは違い、好きな時に適当にレビューするという、実のところはネタ不足の埋め合わせのような感覚でやっているのが私KIBEKIN。とはいえ、ただのレビュー記事ではつまらないものにしかならない。したがって、レビュー対象のメーカーの概説を入れて、一般的なものとは差異が発生するようにしている。ちょっとした歴史の勉強にもなるので、面白いことであろう。

そんな中での今回のレビュー対象はASUSが発売していたゲーミングモニター、VP228HEである。様々なゲーミングデバイスを製造・販売するASUS、モニターも多数製造していたが、このモデルはゲーミングであってもグレードの低い、分類するとすれば入門機にあたるモニターだ。しかし、このモニターは上位モデルにも劣らない性能を持っていた。安いものが決して悪いものと言い切れない時代、このモニターの中身を調べていくこととする。

【初改造】dynabook T350/34ARをアップグレード!全分解・復元記録

この記事の概要を簡単まとめ!

  • KIBEKINの人生初、他人のPCをアップグレードする話
  • 改造対象はdynabook T350/34AR
  • CPUへのアクセスに全分解が必要な厄介なPC
  • 必要なツールとアップグレード用CPUとRAMを持ち込んで全分解に挑戦
  • 裏蓋、キーボード、パネルを取ってさらに母板も取り外す
  • 分解過程と復元過程を詳細に記録
  • 結果:無事成功!

PC関係の話というのは、皆大好きなものである。それも、自作系やメーカーPC分解系の話は、改造が好きな人をはじめとして、金をあまりかけたくない人、どうしたら改造できるかを探している人など、色々な人がその情報を探し求めている。とはいえ情報の質に関しては差があり、全く大したことないものから本気で仕上げているものまで様々である。これは個人でも企業でも関係なく、良いものは良く、悪いものは悪いという感じである。

今回はそのうちの本気仕上げのPC関係の記事となるが、だが今回は普段とはかなり違うものとなる。マストドンから関係の深いある人物が持っている、貧弱な構成のPC, dynabook T350/34AR。初期状態の仕様はCPUはPentium, RAMは2GBと、例えWindwos7であっても使用に支障をきたすほどに弱すぎる構成のPCであった。しかし、今は出張改造なんてできるような情勢ではない。だがそのPCの所有者は、横浜へのアクセスが簡単に可能な位置に居て、私も横浜へのアクセスが簡単な位置に居た。そこでPCを横浜に持ち込み、私はアップグレード用のCPUとRAMを持ち込んで、フリースペースでアップグレードするという、無謀で挑戦的な企画をした。

結果から言ってしまえば、時間はかかったが無事に成功したのである。これまで私が扱ってきたPCの中では、全分解をしないとCPUにアクセスできないという非常に厄介な代物であったが、途中凡ミスによるトラブルを起こしながらも、無事全分解を完了しCPUを交換、そして清掃をしたうえで復元し、最後にRAMをアップデートして完了、という流れである。残念ながらバッテリーは死んでいるためその場での検証はできなかったものの、その後戻ってから、ちゃんと起動し問題なく動作しているとの報告を受けている。よって成功例として、ここに分解~取替~復元の過程を書いていく。

【外見より中身だ】中古PC買い方指南~リンクス岐部流の選び方~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 世界中のPCは常に「更新」され続けている
  • 新しいPCを購入したら古いPCは売られる
  • 法人向けPCも中古PCとして売られる
  • 中古PCは性能価格販売者(出品者)状態で選べ
  • 傷や汚れだけでランクが下げられているものは狙い目
  • 法人向けPCは意外な「掘り出し物」がある
  • バッテリーは諦めろ、ACアダプターは新しいものを一応確保しろ
  • 最後は「自分の求める基準」に達するものを買え

実は、ある記事を書いている途中で検証できなくなる事態が発生してしまった。それは1週間程度の「メンテナンス」であるという。既にその情報は出回っていたため、記事を書くための情報収集はある程度行っておいたものの、正直書くには難しい状況になってしまった。こんなことが起きるのは、ネタ作成型クリエイターあるあるだ。予定は常に未定である。

なのでPCの話をしよう。この前は大学生協PCのクソ高い価格に対してツッコミを入れた。その時中古PCについて触れたが、あくまで提案の1つに終わった。中古PCの紹介をするわけではないので、そこで詳細を語るのは相応しくないと思ったためである。果たしてどれくらいの人が、生協PCを買っていくのだろうか。或いは買わずに他のPCを買っていくのだろうか。気になるところではあるが。

それはともかく、私が使ってきた自分専用PCは全て中古であり、法人向けであった。現在はHP EliteBook 8570wで3代目である。初代は富士通 FMV-R8250、2代目はHP EliteBook 8440pと、どれも癖のあるPCだった。性能も極端で、初代はC2D/RAM 4GB, 2代目はi5(初期のモバイル用)/RAM 8GB, そして3代目はi7(3th Gen)/RAM 24GBと、段階を踏んで向上していった。最初は中古PCの選び方がわからなかった私だが、3つの中古PC購入と運用を経て、どのように選ぶべきかがわかってきたのである。

そこで今回は、中古PCの買い方について指南する。ECサイトをはじめとしたオークション・フリマサイトでも売られている中古PC、その性質上当たりはずれが大きいアイテムになりやすい。そこでリンクス岐部流の選び方を身に着けて、中古PCの当たりはずれを見分けられるようになれば、もっと快適なPCライフを送れることであろう。

【要らない】大学生協PCに物申す!~そのPC、高すぎです!~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 毎年2~5月の名物、生協PC
  • 生協が4年間の大学生活用にオーダーメイドしている「特注品」
  • 特注品に加え独自の保証を加えるため高額になる
  • 「Officeプリインストール」は購入理由にならない
  • そのPC、自分の求めるスペックかどうか
  • 比較:中古PCでも状態と性能が良ければ4年間使える
  • 自分に合ったスペックと価格のPCを買うのが一番
  • 大学生協PCを買う金をケチって好きなことに使うといい

PCは、ただ使う分には何も面白くない。ただ使うというのであればなんとなく動く程度でいいわけで、それこそIntelで言えばCeleron, Pentium, Atom, AMDで言えばAthlon, Sempronで、安くてスペックがなくてもOKということになる。CPU(APU)は、何がしたいかを目的で選ぶのが一番間違いがない。もし汎用作業(Officeを使う程度)であれば、スペックはそこまで必要ないだろう。

私は汎用で使うほかには動画視聴、動画編集に画像編集、マルチウィンドウ、ブログ編集を行う。その他、仮想マシンを時々、Windowsと同時に使用することもある。そのためある程度の性能は必要だ。それでいて価格は抑えたいわけで、そうすると市販のPCでは到底満足できるものではない。そこで私は一般ユーザーだが法人向けのもので中古で売られている、所謂「型落ち」を好んで使っている。この型落ち、性能に対して価格が大幅に下がっていることが多く、お買い得である。それ故未だに、「完全に新品の」PCを使ったことがないのである。

さて、死のコロナウイルス情勢の中でも学校関係、特に大学はメインが所謂オンライン講義がメインとなった以外は、いつも通りのようだ。PCが全学生に必須になった以外は。新入生が発生する2~5月からの時期においては、大学生協が新入生向けに4年間使えるPCと銘打ったものを新たに販売している。それは、4年間の保証をセットにして大学生協の特注品を販売している。およそ私立大学入学費の1/10くらいの価格(12~20万)である。クッソ高い。金のない時代に高すぎはしないか。

性能や保証は悪くはないものの、そこまでして果たして価値があるかといえば、それには首をかしげざるを得ないものがある。それに大学生という身分、金を使って「やりたいこと」は多数あるはずだ。そこで今回は、あらゆる方面から考えた上で、大学生協PCにツッコミを入れていく。私は中古PC派なので、大学生協PC vs 中古PCの記事となるであろう。

【アフィカスにバァーイ】検索結果から削除!uBlacklistのススメと使い方

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 検索エンジンで最も価値の高いGoogle
  • Google検索の上位に乗ることはサイトステータスとして重要な項目
  • 検索上位にするために「工作」する悪質まとめサイト/キュレーションサイトの存在
  • 指定サイトをGoogle検索の結果から除外するアドオン”uBlacklist”
  • 指定URL除外のほかマッチパターンと正規表現が利用可能
  • 動作は「結果を非表示」にしているだけである
  • 中身の薄いサイトに邪魔されることはもう終わり

新年、いかがお過ごしだろうか。私はいつも通りだ。年末だからとかで書かずに休むことは、私には似合わなかった。書いていないと、何か落ち着かない。このことから、私は一種の職業病のような状態になっているようだ。まあ、それも生き方というものであろう。

さて、新年一発目、しかし新年だからと言って特別なことは書く気がない。私の書きたいことを書くのがこのリンクス岐部のブログだ。ところで最近気になったことと言えば、まとめサイト/キュレーションサイト/アヘリ8サイトが検索結果に出てきてうざいことである。オリジナルコンテンツのオの字もないようなサイトが検索上位となり、多くのネットユーザーに不快を与えるあのクソサイト群である。URLを見るだけでもアレルギー反応が出るくらいだ。それらは往々にしてGoogle検索に対して最適化されていることが多く、世界の99%はおそらくGoogleを検索エンジンとして使用しているであろう、それらユーザーを誘導する目的で対策されていることが多く、それを行う奴は人間の屑の極みである。そしてGoogleは機械的な順位付けをしている以上、条件に一致さえしていれば上位に居座り続けるのだから、尚更タチが悪い。

だがブラウザのアドオンとは偉大である。それら害悪なサイトを直接指定して除外するわけではないが、アドオンのオプションから設定することでGoogleの検索結果から除外してくれるアドオンが有志によって開発されているのである。そのアドオンの名はuBlacklist。アフィカスのURLさえあれば、どんなアフィカスサイトも検索結果から除外できる優秀なアドオンである。読み終わったら今すぐにでも入れるといい。