【隙のない配信を可能に】「わんコメ」使ってみた!~ゆかNEO連携編~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 分けて解説すると分かりやすいわんコメ解説記事第3回目
  • 第2回目は一部テンプレート解説と3.1.0以降の変更について解説した
  • わんコメでも取得したコメントを翻訳できればより楽になる
  • 翻訳と字幕の代表「ゆかりねっとコネクターNEO」と連携ができるわんコメ
  • ゆかNEOの接続設定をわんコメに入力して相互通信が可能となる
  • 連携すると取得したコメントがゆかNEO経由で翻訳されるようになる
  • 配信全体、ユーザー単位、コメント単位で翻訳対象を決められる
  • 読み上げ機能も翻訳に対して読み上げることが可能になる
  • 両方を使いこなせば、隙のない配信ができる

最近に感じることは、技術の悪用が多いということだ。私のブログに対する不特定多数の、本来アクセスの必要ないphpファイルへのアクセス、リファラースパム、DDoS攻撃。これらもプログラミングによって自動で攻撃するように設計されたものが多くなっている。加えて痕跡を残さないためにVPNやプロキシを経由することも多くなっている。本来このような使い方は想定されていないわけで、技術を正しく使うことができない人間の姿をした蟲が多くなってしまっている現状を省みると、インターネットをライセンス制とすべきではないかという思いが強くなっている。

書きたいことが多くなるので分けて書いてきたわんコメ解説記事も早くも第3回目となった。これまで書いてきたのは初歩的な導入方法、配信で実際にどう見えるか、特定のテンプレートの動作解説、3.1.0以降の更新内容についてである。ここで書いている情報は実際に調査した結果をもとにしているので、ドキュメントを見ただけではわからないことの一部をカバーするような形となっている。流石に全部を網羅するのは不可能だ。

第3回目となる今回は、わんコメとゆかNEOを連携させて使用することである。2つのツールの連携についてはゆかコネ3周年イベントの際に予定が明示され、更新履歴からおそらく2.1.0あたりで導入されていたものと思われる。ゆかNEOは字幕表示と翻訳において現在最も使われているであろうツールであり、そこから翻訳機能を借りて、わんコメで取得したコメントも翻訳しようという試みが行われた。翻訳もできる、コメントも装飾できる、字幕と翻訳も表示する。一度にこれらができれば配信において隙がなくなるであろうこれ、効果を確かめるため自分で検証し、その結果をここに記していく。

【配信画面をアップグレードする】「わんコメ」使ってみた!~配信実践編~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 書きたいことが多すぎるのでわんコメ解説記事第2回目
  • 前回は導入からOBSへの反映までを行った
  • わんコメは自分の配信で使用してこそ意味がある
  • 機能テストも兼ねて実際に設定して配信を行ってみる
  • 全てのテンプレートは標準ブラウザで確認できる
  • 様々なテンプレートで試してみた、その風景を一部切り取って掲載
  • 同時にバージョン3.1.0以降の更新についても解説
  • 自己防衛手段、Pro版の実装も行われた
  • これだけ出来れば配信画面は自分だけのものになる

日本国憲法第十三条の「公共の福祉」という部分についてたまに考える。日本国憲法自体は昭和21年、つまり1946年制定・施行であり、当時のアメリカの政治思想も含んだ憲法となっている。そのせいか第九条は毎日議論されがちだが、むしろ一般国民の生活において重要なのは第三章「国民の権利及び義務」である。最近に起こった、自己中心的な特許出願で私はどういうわけか真っ先に思い浮かんだのが第十三条だった。その特許によってこれまで活発的に行われていた創作活動に多大な影響が発生し、創作の衰退の原因となるのであれば、幸福追求権に対して課せられる「公共の福祉」に反さないことを満たしていないため、無効な申請になるのではないか。そう考えたが、その話は私にはあまり関係がないため、首を突っ込むのはやめている。

それはさておき、前回は配信におけるコメント周りをサポートしてくれるツール「わんコメ」について、導入編としてインストールからテンプレートを配信ソフト(OBS)にコピペし、そのコメントを画面内に映すまでを行った。記事内では自分以外の任意の配信者のコメント欄にアクセスし、それをOBSで表示できるかという、テストを行ったものである。実際に配信して検証したわけではないため、まだ「配信する/した」という視点からわんコメを評価できていないのである。

よって第2回目の記事では、SLOBSで任意のテンプレートを取り込んで、それで実際に配信し、コメントが来た場合にどうなるか、そしてその結果どのように映るのかというのを配信後の画面を見て振り返る。その際、わんコメの3.1.0以降に変わった点も同時に見ていき、その解説を第2回目記事として書いていく。

【コメント設定の強い味方】「わんコメ」使ってみた!~導入編~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 配信において重要な要素となるコメント
  • 単に表示するだけでもいいが、欲があると「もう少し装飾」したくなる
  • 配信の「コメント」は装飾がしにくいものである
  • コメント関係の設定をひとまとめにして扱いやすくしたのが「わんコメ
  • 導入は簡単、各種プラットフォームにも幅広く対応している
  • 公式ドキュメントのマニュアルが揃っており、初心者でも安心
  • 豊富に用意されたテンプレートでコメントを簡単に装飾できる
  • オフライン下でもテスト機能があり、調整がいつでも可能
  • 導入も設定も実に簡単、次回以降もわんコメ記事を書く

適材適所という言葉がある。これはビジネス用語の1つとなっており、国語辞典的には『その人の能力・性質によくあてはまる地位や任務を与えること。』と定義している。だが私個人的にはこの言葉があるにも関わらず、義務教育では未だにゼネラリストを育てるようなことを繰り返していて、全く時代にそぐわないことをやっている。それで様々な部分で海外に越され、日本の強みがなくなってきている。唯一の強みは「奴隷」を育て、使いつぶすことは最も得意ということだけだ。

適材適所の関係はソフトウェアやツールにも同じことが言える。Nao氏制作のツールを見ると分かるが、代表作となるゆかコネ以外にも多数のツールを制作していて、それぞれは継続して更新を行っている。ツールとしてほぼ完成したものがある一方で、常にユーザーの要望に応え、市場を見ながら改良を続けるものがある。そしてそれはNao氏以外もそうである。その手のツールを作る人は、この世界にはツールの数だけ存在する。

コメントについて注目し、制作したツールで有名になりつつあるツールはもう1つあった。これもまた個人開発のツールである。制作者はWeb犬アスティ氏で、インターネット上では「犬」の存在であるその人(?)が作り上げたのが「わんコメ」である。開発者自身が犬であることとコメント関係を1つにまとめることをかけて命名されたであろうそれは、多くの人から評価を受け、ゆかNEOとのコラボも行われるようにもなったツールだ。事前に内容を確認すると、その内容が濃い可能性を感じた今回は導入し、コメントをOBSに反映させるまでを行う。書く前からして、これは名作の予感である。

【どの言語も読める】TwiChaDash使ってみた!~そのコメント、翻訳しよう~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 配信には欠かせないツールを制作するNao氏
  • 代表作のゆかコネ以外にも多数のツールを開発し、多方面で利用されている
  • 配信中のコメントが母国語以外であると意思疎通に苦労する問題
  • コメントを翻訳し、自分のコメントも翻訳して打ちこめるのがTwiChaDash
  • 指定したユーザーのチャット欄について翻訳と翻訳後のコメント送信が行える
  • 置き換えや読み上げにも対応しており、多数の連携機能も存在
  • 配信を「見る側」がメインのツールであるが配信者でも使える
  • 使用感:特に重く感じることはなく、邪魔にならない
  • 海外配信を見るための強い味方、モデレーターにもおすすめ

私は過去、VTuberに対して否定的だった。それは今から19カ月程前、死のコロナウイルス情勢の拡大で従来型メディアの有名人が次々とYouTubeに参入した結果、YouTuberとVTuberは淘汰され、オワコンが加速するだろうと断言した記事だ。その時点の私は、反V主義でもあった。では19カ月後の今はどうかと言えば、VTuber全体、かつてない盛り上がりを見せている。さらに驚くべきは、clea氏の存在である。過去の私にclea氏と交流が深いと伝えれば、きっと心肺停止するくらいの衝撃になるはずだ。

配信においての面倒事は多い。配信準備、配信中の問題対応、コメントや治安、配信後の後処理。それらの面倒事を解決するために様々なツールが順次開発・更新されている。しかし配信は観てくれる人がいて初めて成り立つもの。そのためリスナーへの配慮も欠かせないが、リスナー補助を目的とするツールというのは、実際少ないものである。多くの人が使用しているものも、殆どが配信者の補助のためのものになっている。

配信における「母国語以外のコメント」というのは、突然来ると配信者はもちろんリスナーでも翻訳作業を挟む結果、対応が遅れるというのはよくあることだ。特にモデレーターを担当している場合、これは厄介なことでもある。配信において不審な行動をされれば即対応するのが理想だが、言語問題によって対応できなかったら、それはそれで問題である。そこでNao氏が制作したツールが、コメントを中心に翻訳を行うツール、TwiChaDashだ。名前からしてTwitch想定なそれは、果たしてリスナーにどんなプラス効果をもたらすのだろうか。実際に使用して、確かめることにした。

【簡単で本格的】”VRiod Studio”使ってみた!~cluster独自アバター制作編~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • VR世界は手始めにclusterを取り上げた
  • 「調べる」だけなら初期アバターでも問題ない
  • 今後の活動の起点にもなるため本格的に制作することに
  • 3DCG技術が無くても3Dモデルを作れるのがPixiv公開がしている”VRoid Studio
  • プリセット調整式であるが、cluster標準より詳細に設定できる
  • サンプルアバターがあり、これをベースに改造することもできる
  • ライセンス条項は存在するが、通常利用であれば問題ない
  • 制作したものはそのままclusterの独自アバターとして使用可能
  • 望みの物がないならツールを最大限に活用して創っていけ

趣味を広げることは、それ自体は決して悪いことではない。しかし手広くやりすぎると、本来やるべきことをやれなくなるという本末転倒が発生する。そのため、どこまで手を出すかということを意識しながら触れていく必要がある。ただこの場合は器用貧乏になるため、専門家に勝てることはない。

それとは別に、今後の活動のためにどうしても必要になったため、資料を集めて勉強しながら使うパターンもある。それはソフトウェアやツールのリファレンスに限らず、学校で習う基本科目、所謂五教科と呼ばれるものや高校・大学レベルの内容の教科書やネット上に転がっている情報で勉強することもある。ゆかりねっとコネクターを制作したNao氏も、学生時代には苦手だった数学あたりを制作にあたって勉強したという逸話があるくらいだ。

とはいえ、殆どの場合は既に何かの趣味や勉強していることがあって、追加で勉強する時間が取れないということは多い。最近需要が上がっている人型の3DCGモデリングは、何もないところから制作するにしても制作するためのソフトウェアやツールの操作方法はおろか、制作手順すら難しく、機能が多彩で便利なものほど高額であり、全般的に手を出しにくいものになっている。だがそれを解決するツールを、クリエイターの「発表の場」を提供するPixivが公開している。そのツールの名前はVRoid Studio。人間型のモデリング未経験、それ以上に3DCG未経験でもいい感じに作れるツールを解説し、参入の敷居を低くしてみることに決めた。

【まだまだ進化する】ゆかりねっとコネクターNEO使ってみた!:2022新機能解説編

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 字幕のリアルタイム表示と翻訳で有名になりつつあるゆかりねっとコネクターNEO
  • ゆかりねっとコネクターよりも利用者が増えたことで開発優先度が上がった
  • 定期的に新しい機能が追加され更新されるので再度記事を書くことに
  • 検証対象は開発版、安定性を保証しない分最速で最新機能が追加される
  • ゆかコネ3周年イベントで先行公開された話者表示機能も最近の更新で追加
  • わんコメコラボによりわんコメとの連携も可能になった
  • 字幕表示レイアウトも複数追加され、見せ方も多彩に選べる
  • 各種プラグイン、マニュアルはゆかNEOの取説ページに殆ど存在
  • 情報は十分揃っている、今から使い始めても大丈夫だ

「何かを始めるのに遅いはない」、これはどこかの誰かが言った、割と多くの人が同意していることである。しかし始めるのが遅いと、どうしてもそのコンテンツに既に触れている人と比較して気後れをしてしまう人がいることは、十分あり得ることだ。これはどんなコンテンツでも起こることであり、特にゲームにおいてはそれが顕著である。インターネット接続を前提とするものは尚更であろう。

逆にツールについては遅くから始めると、今まで触れてこなかったことに後悔を覚えつつも、その便利さに愛用し続けるようになることも珍しくない。その1つにゆかりねっとコネクターがある。リアルタイムで翻訳を行い、字幕表示も同時に行えるNao氏が制作したコミュニケーションツールである。単純に翻訳と字幕表示を行うためのツールであったそれは、多彩なプラグインを搭載し他のソフトウェアとも連携が行えるようになった。そして軽量版となるゆかりねっとコネクターNEOが制作されると、「ほぼ同じことができる」ことによってメインの開発がこれに移行することとなった。

通常の仕事の合間に開発が進められる関係で常時更新とはならないが、ユーザーの要望を常に聞いては取り込むことを行っており、更新頻度はかなり早い。そのスピードはiOSのアップデート頻度より上だ。気付けば新しいバージョンが既にアップデートされていて、中身を色々変わってくる。その関係もあり、短い間隔ではあるが、再度ゆかNEOについて書くことにした。

【ハイスペックタブレットに変化】Android-x86使ってみた!~VKT12SG-5をAndroidで~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 偶然で手に入れて活躍中のVKT12SG-5
  • 「タブレット」PCならタブレット対応OSを入れて使えるはず
  • 有志によってAndroid OSがx86で使えるように移植したバージョンが作られる
  • 使えそうなのでVKT12SG-5に最新安定版8.1を入れてみた!
  • インストールにはisoをダウンロードし、それをもとにLiveメディアを作成する
  • デュアルブート対応にするにはインストール時の設定に注意
  • インストール後の最低限の設定についても解説
  • 端末エミュレータはTermuxよりもできることが多く、suも使用できる
  • 容量の調整はインストールし直しが必要、最初に容量をきっちり決めることが重要
  • 少しの努力でちょっとした「ハイスペックAndroidタブレット」は容易に実現できる

変わったことがしたい、というのは私の場合料理とPCの話で特に強い。料理の場合はパスタにおいて独自の味付けを作ることで、飽きることなくパスタを食べ続けることができると共に、新しいパスタの提案にも繋がる。PCの場合は私が特殊な使い方をすることが多いために、少し変わった方法であると自分の要望に応えられるためである。したがって今まで入手したPCが法人向けPCであるのは、必然と言えるであろう。

VKT12SG-5を入手してからというもの、様々な使い方で活躍しているが、それは殆どWindowsとしての利用である。元々Windows OSで使用することを想定して設計されたものである以上は他のOSを入れて運用するということも少ない。そもそも法人向けのタブレットPCでWindows以外を業務で使用することはあまりないはずだ。よってこの手のもので情報がなかったとしても何ら不思議ではないのである。

そんな中、OSの1つであるAndroidはスマートフォンでもタブレットでも使用できるOSであるが、それを一般的なPC、つまりx86に代表されるCPUでも使用可能にすることが有志の手によって行われるようになった。そのOSこそ、Android-x86である。本来はSoC向けに開発されたOSを一般的なPCで使用できるように「移植」したものであるこれ、移植は有志によるものであるので最新OSに追いつくことは難しいが、更新が積極的のため定期的に新しいイメージファイルがアップロードされている。今回はその中から最新安定版を使い、その内実を書いていく。