PC | Kibekin BLOG.

【同時配信を手軽にする】”Restream”使ってみた!~メジャーなら、無料~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 配信プラットフォームの主流はYouTubeかTwitch
  • 通常はどちらか1つを選択して配信するのが基本
  • 片方しか登録していない」ユーザーは少なからずいる
  • 回線弱者、回線を節約したい場合に便利なサービス”Restream”使ってみた!
  • 登録は簡単、英語オンリーだが殆どの人は読めるはず
  • メジャープラットフォームは無料で2個まで、それ以上と一部プラットフォームはサブスクが必要
  • OBSの設定も基本的にいつものパターンと一緒である
  • ただし開始・終了処理がうまくいかない場合は各PFで処理を行う必要がある
  • メジャープラットフォームに同時配信して、一人でも多く引き込め

配信プラットフォームは2022年現在では様々に存在する。そのプラットフォームが増え始めたのは間違いなく、2020年である。これによって昔から展開しているプラットフォームも危機感を覚えて、新興勢力にユーザーを取られまいと様々な機能を追加する。配信者同士のバトルが起きる中で、同様に提供プラットフォーム同士でもバトルが起きている。どれを使うかはユーザー次第であるが、多くは複数登録して使い分けていることが殆どだ。

しかし人によっては特定のプラットフォームしか使っていないということもあり、サービスの多様化がなされている今でも珍しくないことである。配信者側はプラットフォームの規約による影響、事務所の方針といった様々な理由が考えられ、リスナー側は宗教的事情であったり登録が面倒ということで使わないということがある。配信者側は不可抗力な事情が多いのでともかくとして、リスナー側は個人のレベルなのでどうにでもなることではある。

また、様々なプラットフォームを利用している人は、原則1つのプラットフォームにしか配信できないことを憂いていることもあるはずだ。設定次第では複数方向への配信はできるが、回線弱者には到底不可能なことである。そんな人の救済手段であり、多方面展開にも便利なストリーミングサービスを提供するものがあった。Restream、これは果たして使い物になるのか。詳しく見ていくこととする。

【PCに優しくする】”GV-US2C/HD”使ってみた!~ハードウェアエンコードの実力~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 映像出力が可能な機器の映像をPCに取り込むキャプチャーボード
  • HDMIが主流なため、殆どの製品がHDMI対応になっている
  • 低遅延・高負荷のソフトウェアエンコード型と中遅延・低負荷のハードウェアエンコード型の2種類がある
  • IODATA製のハードウェアエンコードタイプ、GV-US2C/HDを導入したので検証してみた!
  • 通信規格はUSB2.0だがType-Cを採用、Type-Cケーブルなら外部電源は不要
  • 4Kパススルー機能標準搭載、出力はFHDまで可能になっている
  • 映像と音声はソースを個別に取り込むことで音声遅延をほぼ0にすることが可能
  • 単体でもSDカードを用いて録画ができ、SDカードリーダーにもなる
  • 同社のGV-USB3/HDとどう違うのかを比較する
  • 60FPSが限界値であるが、そもそも60FPS以上対応プラットフォームが少なすぎるので十分
  • 安いPCでも、強いPCでも使えるキャプチャーボード

妹ちゃん=無音烏のVTuber活動をサポートするために、私は検索ワードと検索オプションを利用して色々な情報を収集し、実践的な部分ではclea氏やうーちゃんの配信を観て、そこから使えるものを無音烏に教えて、あるいは私が設定して使用している。VTuberを始めるのは遅すぎたが、先駆者がいるお陰で引っかかるであろう部分については今のところ、悪戦苦闘しながらも何とか切り抜けることができている。

ただ、PCに対する負荷は下げにくい。単体PCでの配信を行う人は多いが、その場合には最低限のGPUとして、少し前ならGTX1070-Ti以上、現在はRTX2070S以上がリソースの関係で必要で、しかし予算の都合でそこまで用意できなかったり、そもそも配信を考えていなかったためにそれより低いパーツを採用しているということも少なくない。その場合に使われるのが、2PCによる分離配信である。未だに私が実際に行っているものである。

これまでは10年以上も前の世代のPCを配信に使用していたが、1050-Ti(M)を搭載したラップトップを入手したことで、3Dモデルを使用する余裕が出来た。だがそれでも負荷が気になり、今まで使用していたキャプチャーボードを、ソフトウェアエンコードからハードウェアエンコードに変更した。キャプチャーボード界の有名選手といえばIODATA、Type-C接続のGV-US2C/HDである。これまで使用していたGV-USB3/HDとどう違うのか、実際に使用して比較していく。

【スマートに録画する】”EaseUS RecExperts”使ってみた!~使用方法&レビュー~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 中国”EaseUS Software”のソフトウェアレビュー記事第4弾
  • 動画コンテンツの流行に伴って需要が上がる配信や動画投稿
  • 録画はOS標準機能でもできるが、PCに慣れていないと操作は難しい
  • 録画に特化したシンプルでスマートなレコーダー、EaseUS RecExperts“が新登場
  • ライセンスは永久版で8,390円(税込9,229円)、円安の影響はもろに受けている
  • 基本は全画面録画か、指定したウィンドウをその大きさに自動的に合わせて録画する
  • 録画中はスクリーンショットを撮ることができ、録画中に加工やお絵描きもできる
  • 音声だけの録音も可能、途中で止められてミュート管理もできる
  • ゲームキャプチャに対応し、この場合はツールバーが邪魔にならない
  • 録画したものはRecExpertsでちょっと編集もできる
  • 総合評価:撮りたいものは楽に撮れるし、操作も簡単、録画FPS値が不安定なのは気になる
  • “EaseUS RecExperts”はスマートな録画のスタンダードを作る

動画コンテンツは主に配信と動画投稿の2つに大分類される。現在のメインは配信に移行し、動画投稿はサブ、という動きである。また配信についても内容とやり方で分類することができ、映像と音声が基本であり、映像のみ、音声のみなど、やり方については細かいものも含めれば非常に多彩であるため、明確な分類は難しい。YouTuberでもVTuberでも、人によりやり方が少しずつ違うことが多いからだ。

ところで動画コンテンツ制作を行う際、配信ならOBSなどの配信向けソフトを使って画面構成を行い配信するが、純粋に録画を行いたい場合は、OBS自体にも録画機能はある。それを使えばいいのだが、録画に関しては設定が色々存在し、PCやソフトウェアの使い方に慣れていない人だと実は使いにくい。さらに、1つしか画面がないとOBS自体の画面が邪魔になり、録画しにくいということもある。

そんな問題を解決して、もっと簡単に録画やスクリーンショットを行えるソフトウェアがEaseUS Softwareから登場した。その名は”EaseUS RecExperts”である。単純に録画するだけでなく、録音についても設定が簡単に行えて、録画中はUIが最小化されて作業の邪魔にもならないという、誰でも使えるものだった。一体どうなっているのか、その中身を詳しく見ていくこととする。

【軽量+多彩】”VMagicMirror Standard Edition”使ってみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • VRMを表示するソフトウェア・ツールは多彩に存在する
  • 3Dモデルの表示はどうしても重くなりがちである
  • 殆どにおいて必要なのは上半身、全身ではなくていいと考える
  • 軽量でVRMを動かせる”VMagicMirror“、スタンダードエディションが基本無料で使えるので使ってみた!
  • 一部の機能だけ制限される以外はフルエディションと大差なく使用できる
  • 標準でキーボードとマウス、ゲームパッドの入力に反応、それを表示で反映するよう設計されている
  • 負荷は設定を最適化することで、OBSやゲームの邪魔にならないレベルになる
  • 細かい調整も可能になっており、その設定は保存することも可能
  • VSeeFaceとのデータ比較も掲載、目的で使い分けることが重要に
  • ツールが軽量なほど、VTuberには助けになる

PCリソースの管理は、限られたリソースでしか運用できない場合に重要なものとなる。特にラップトップの場合、改造限界が必ず存在する。それはチップセットによるもの、バッテリーとACアダプタの消費電力が足りないため、CPUのピンの形状が異なる、OSが非対応といったハードウェア上の制約、ソフトウェア上の制約の両方があるためだ。その範囲内で出来ることを突き詰め、最適な使い方を見つけ出していく必要がある。万能なのは石油王PCに限られる。

そしてそのリソース管理が重要になる活動の1つがVTuberだ。これは活動スタイルによっては石油王PCが必要である、最低限のスペックがあれば問題ない、といった目的別に応じて、そのリソースを満たせるパーツまたはラップトップを選択することになる。主流となる配信であれば、1台で済ませるなら石油王クラス、分離配信を行うならミドルクラス2つ分という選択になると思われる。分離配信は、私が検証した結果も出していて、少々設定が面倒だが安定はする。

しかし分離配信といえど気になることといえば、VTuberの特徴でもある2D/3Dを動かすソフトウェア・ツールの負荷だ。様々に配布・販売されているそれは、それぞれ出来ることと要求されるスペックが異なり、消費されるリソースも異なる。OBSを使用している場合、エンコード時間も気になることだろう、少しでも低負荷な方がいいと考える人も多いはずだ。そんな中、個人製作でVRMを表示できる、基本無料のソフトウェアが存在した。それがVMagicMirrorである。果たしてどんなものなのか、詳しく見ていくこととする。

【VRデバイスからVCn】ボイスチェンジャー設定書~VRデバイス編~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • VTuberの必須ツールの1つ、ボイスチェンジャー(VCn)
  • 基本的には配信・動画制作向けに設定することが多い
  • VTuberとして活動するならVR-SNSでVCnすることも考える
  • 使用中のVCnと同じ構成のものをゲーム用PCで構成し、実験する
  • 前提:スタンドアロン型は一部で仕様上不可能を確認
  • PCVRであれば「Windowsの設定」で任意のマイクに変更できる
  • VCnした声をVR-SNSに出すため仮想オーディオデバイスは必須
  • VR-SNS内の入力デバイスを仮想オーディオデバイスにセットする
  • ループバック機能が殆どで無いので誰かに確認してもらうことを推奨
  • VCnを万全にすれば、VRだって怖くない

検証で終わらせない。VRやVTuberを理解する。そんな理由で始めたVTuberであるが、無音烏は女の子で、私は元の性別としては男である。それに、clea氏のように声が良いわけではないので、ボイスチェンジャー(VCn)を使用している。現在の設定は暫定的なもので、まだ理想の声に変換できているという感じではない。しかし機械的変換である以上、理想には近づけられても求めるものにはならないのが常である。そのため最適の近似値を地道に探している。

ところでVCnは、通常は配信ないし動画制作において使用されるもので、それらの必要なソフトウェア・ツールのインストール先はそれを行うPCになる。このとき、分離配信などで2台以上のPCを同時に使用している場合、ゲーム用のPCのマイクは直結であることが多いはずだ。もしそのPCでボイスチャット(VC)を行う場合、無加工音声になることが多いはずだ。

その声を配信や動画に乗せないのであれば問題にはならないが、VTuberとして活動していてVCnを日常的に使用する場合、これが問題になる。特にVR-SNSにおいて、PCVRとしてプレイする場合マイクの設定が特殊なため、声質と見た目の不一致が起きやすくなる。この問題を解決する方法はもちろん存在し、そのPCに同じ構成のVCnを入れて、配信の時と同じようにすればOKということだ。これまでは分離配信の関係で設定を行ってこなかったが、「無音烏」がVR-SNSで活動する以上は必須の設定になる。その過程と方法、実験結果についてここで見ていく。

【安定して使いたい】ボイスチェンジャー最適解探し:無料プラグインとソフトウェアで

この記事の概要を簡単まとめ!

  • VTuberの中でも多数派な「ボイスチェンジャー」型
  • 現在は有料・無料問わず多くのものが存在する
  • 無料で有名な「恋声」は致命的不具合を持ち、代替案を探す必要がある
  • DAWとVSTプラグインで安定するという情報を聞き、検証することに
  • VSTプラグインにはRovee, Graillon 2, DAWにはCakewalkを使用する
  • 初期設定と登録が面倒であるが、それをこなせば問題ない
  • VCn以外を目的としたプラグインも簡単に導入できる
  • FFT(高速フーリエ変換)が使えるVSTでマイクノイズの除去も簡単
  • DAW1つで殆どのことができ、負荷もかなり軽い
  • VCnで困っている人、色々したい人の最適解は”DAW+VST“だった

声は、人の第二印象であると考えている。第一印象は外見で、これは言うまでもない。その次に五感で捉えることになるのが音だ。それも、能動的に発生させやすい声である。同時に声はその人のイメージの殆どを決める要素にもなり得る。それ故に多くの人が「第一声」を気にするのであろう、最初にかける言葉は大半が決まった挨拶である。それはそうで、いきなり自分のことを語りだしたとしたらそれは単に危ない人である。

VTuberもこれは同じだ。第一印象はモデル、第二印象はその声であることは簡単に想像がつく。しかし違いがあるとすれば、配信ないし動画投稿をメインとするそれは殆どの場合で「相手の顔が見えない」ことで、さらに不特定多数に見られる構図となる。一応コメントなどの機能があるのでリスナーからの反応を貰えるが、それでも顔は見えないので感情や考えは読み取れないものとなる。

ところでVTuberのモデルは理論上なんでもOKで、その際に考えるのが声である。自身とモデルの性別が一致する場合はそのままでいいとして、異性となる場合や人ではないものになる場合、声を変えて運用することも考えなければならない。その時に登場するのがボイスチェンジャー、私はVCnと呼んでいる。これまで無料である恋声を検証で使用してきたが、バッファが溜まるとフリーズする致命的欠陥を前に、新たな策を探すことになった。そしてある情報から最適解と思われるものに辿り着いた。今回はその検証となる。

【お手軽3D配信】”VRoom”使ってみた!~VTuberの強い味方~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 3DやVR空間を生かした配信ができるのはVTuberの特権
  • VTuberでもVRデバイスを使わない通常配信も行う
  • VR空間を手軽に再現できるなら見せ方も大きく変わるはず
  • それを叶える新アプリが御嬢沙真夜の個人開発・β版提供中の”VRoom
  • VSeeFaceと連携しており、初期設定に手を加えるだけで簡単に連携できる
  • Ver0.9.5では6種類の部屋が実装されている
  • サブメニュー、キーボードとマウスを駆使して自分好みに構築する
  • ファンクションキーにエフェクトが割り当てられ、演出ができる
  • ちょっと3Dで見せたい時、VRoomの出番だ

ゲーミングラップトップに対する各個人の考え方を、その手の人で集まって話し合いをしたいという気分である。そこには純粋なゲーマー、VTuber、玄人志向ならぬ中古志向といった、様々な考えのもとで使う人を集め、それらとゲーミングラップトップについてどう考えているか、どう使っているかということを話す。そこには新しい発見と、既存の考えの間違いを見つけることができるかもしれないからである。と言ったところで、私には企画力はない。

VTuberの3Dモデルという特性を生かした配信は、たまに行われる。その場合は一般にVRデバイスを用いて、VR「向け」にも展開されているSNSのようなアプリで、現実のYouTuberがやるような配信を行う。例を挙げるとVirtualCastがそれである。これを使って配信を行えば、まさに「VTuberらしい」ができるのである。ただこの場合、単純な雑談などの使用が多く、ゲームでは使用することは少ない。

よって普段のゲームや歌の配信では、3Dモデルを端に配置するか、それ向けの部屋っぽい画面構成を作ることであろう。ただその場合はどうしても平面的なものになってしまう。そんな見せ方の悩みを解決するアプリが、個人の開発で登場した。御嬢沙真夜、おそらく開発者自身もVTuberであろう人が”VRoom”を作り、β版として配布されている。これは卯塚ウウ氏が使用しているが、それでも周りではまだ使用している人は少なく、結果、検証量も資料も少ない状況。よって私が実際にこれを使用して、果たしてどんなことができ、どのような使い方をするといいのかを見ていく。