【楽々ディスクメンテナンス】”EaseUS Partition Master”使ってみた!~使用方法&レビュー~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 前回に引き続き中国EaseUS Softwareのソフトウェアレビュー記事
  • PCにおけるパーティションは1つのディスク内に区切りを設けること
  • パーティション管理はWindows標準機能では制約が存在し、不十分
  • パーティション管理をより楽に行えるのが”EaseUS Partition Master”
  • 無料アップグレード付き永久版ライセンスは7000円以内、これも良心的価格
  • ディスク内の任意のパーティション増やしたり減らしたりすることが簡単にできる
  • MBRの修復やディスクタイプの変換もこれ1つで簡単に行える
  • パーティション単位で、パーティションの移動も分割も結合も自由に行える
  • ディスクを使えるようにする「フォーマット」もPartition Masterで完結
  • 総合評価:ディスク管理で「したいこと」がこれ1つで広くカバーできる
  • EaseUS Partition Master“1つでディスク管理はより楽になる

タブレットPC、またの名を2in1とも言うそれは、一般的なラップトップに対して性能が落ちるが、携行性と操作の直観性に優れている。本格的なゲームをするでなく、ブラウジングや動画再生、事務作業レベルであればほぼ支障がない。CPUとRAMが十分であるなら負荷の軽いゲームであればプレイできるであろうが、その場合はどうしても高額になりがちである。そもそも2in1に求めるのは前述の2項目であり、外に持ち運びする関係から高額でない方が気軽に使える気がしている。

さて、PCを使うとき、デスクトップは2つ以上のディスクを、ラップトップやタブレットは特殊なもの以外は1つのディスクを接続することができる。その際、容量が小さい場合は1つのディスク=1つのドライブとして、容量が大きい場合は1つのディスクに複数のドライブを設定して運用することであろう。このとき1つのディスクで複数のドライブに仕切ったその1つ1つの領域のことをパーティションと呼ぶ。日本語の意味で「仕切り」のことである。

最近はあえてパーティションを設定している人は少ないようだが、パーティションを設定する理由はシステムドライブとデータドライブの分離であり、他にもメリットが存在するが、デメリットもある。しかしWindowsは仕様であるのか、移動できないファイルの存在等でパーティションを全く管理できないことがある。そんな困ったを解決するソフトウェアがEaseUSから開発・販売している”Partition Master”である。これはパーティション管理を中心にクローンやデータ復元なども行えてしまう、多機能なソフトウェアであった。EaseUS Softwareレビュー第3弾、今回はPartition Masterを余すところなく詳しく見ていく。

【データを守ろう】”EaseUS Todo Backup”使ってみた!~使用方法&レビュー~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 様々なPCのバックアップ・クローンソフトウェアを開発している中国のEaseUS Software
  • 以前にEaseUS製PC間データ移行ソフトウェア”Todo PCTrans”をレビューした
  • ディスクのバックアップはOS標準で不可能ではないが面倒である
  • バックアップもクローンも簡単に行えるソフトウェア”EaseUS Todo Backup”
  • 永久版ライセンスでも8,000円以内の良心的設定価格
  • バックアップ」でファイル単位でフォルダやディスクごとバックアップできる
  • クローン」で別のディスクに使用中のディスクを複製できる
  • 総合評価:悪いところが見当たらないくらい使いやすい
  • “EaseUS Todo Backup”があれば、データの消失も怖くない

最近、安くてそれなりなPCというものに関心がある。その多くは中国製PCで、ロープライス・ロースペックを追求する方針である。ブラウジングや動画を見る、Officeを使うレベルの一般用途を想定して、3万円台で解像度FHDというものが多く出回っている。CPUはCeleronまたはAtomで2in1タブレットPCとして使用できるものが多く、バッテリーは2~3時間程度だがモバイルバッテリー対応型が多く、外に持ち出して使うには十分なものになっている。いざというときには使えそうである。私も1つ欲しくなってきた。

さて、PCを利用する上で気を付けなければならないことは何か。今頭に思い浮かんだことはおそらくどれも気を付けなければならないことだろうが、ストレージも気を付けなければならないこととして、優先度の高いものとなる。実は消耗品であるPCとそのパーツ類、ストレージは突然に壊れることがあるのも事実。稼働部品のあるHDDはもちろんのこと、SSDもNANDが書き込みとデータ削除を行うたびに摩耗し、例えメーカーの保証する耐久限度に至らなくとも突然に壊れてしまうリスクがある。したがって、いつ何時壊れてもいいよう、別のストレージに物理バックアップが必要になってくるのである。

しかし多くの人はバックアップを行うことを怠っている。それはバックアップを取るのが面倒だと思う人が多いからだ。確かに面倒だが、そんなバックアップを誰でも簡単にできるようにしてくれるソフトウェアがこの世界にはちゃんと存在した。中国国内はもちろん世界で活躍する企業、EaseUS Sowftware。ここが開発・販売している”Todo Backup”は、PCのバックアップはもちろんクローンも行える、バックアップ革命と言えるソフトウェアであった。今回はTodo Backupを、余すところなく詳しく見ていく。

【完璧な字幕を目指して】弱小配信者奮闘記2:UDトークも使ってみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 前回記事でゆかりねっと+ゆかりねっとコネクターで字幕表示を行った
  • その2つだけでも十分だが翻訳精度は期待できない
  • ゆかりねっとコネクターは他のアプリとも接続可能である
  • 音声を認識し文字変換と翻訳を同時に行うUDトークとも接続できる
  • UDトーク側で喋り、ゆかりねっとコネクターに結果を送信する形式
  • 必要なのはスマートフォン1台、あるいはスマホエミュレータ
  • 翻訳精度については問題なし、しかしそれは取り込めない模様
  • UDトーク側の設定で特定の単語を容易に変換登録できる
  • 無料版は継続して喋れるのは30分、だが接続し直せば問題なし
  • 字幕精度の高いUDトーク、誤認識を少なくしたいならこれ

どの世界も奥の深いものである。入りのきっかけは何でもよく、それこそちょっと気になったレベルのものでもOKなわけで、そこから新しい世界が始まる。その反面、一度沼にはまってしまえばそれはもう無限に沈んでいくだけである。記事のネタにするためだけだったのに、いつしか何かに憑りつかれたように熱心に調べるようになって、人並みに使えているということがあるためだ。不思議なものである。

ところで前回はゆかりねっと+ゆかりねっとコネクターで字幕と翻訳をする方法について、設定とその手順、そして配信に反映するまでを書いた。この2つのアプリケーションはよくできており、設定が正しくできていれば配信で使うことができる。コンデンサマイクと発音の良さがあれば、日本語字幕は綺麗に出すことができる。しかし翻訳は無料ユーザーには残念ながら使用できるAPIに制限があるせいで、翻訳精度は低いものになり使えたものではない。

しかし無料でもその問題を解決する方法がある。それが音声認識によって文字化を行い、同時に割と高精度な翻訳も可能なiOS/Androidアプリ「UDトーク」を利用した、ゆかりねっとコネクターによる字幕+翻訳出力である。UDトーク自体はある制約さえ目をつぶれば無料で利用でき、前回記事の方法よりも翻訳精度の高さもあって使いやすいものとなる、はずだった。字幕は満足だったが翻訳精度には満足できなかった私がとる2つ目の手段となるUDトーク+ゆかりねっとコネクター。ここにもまた、その奮闘記を書き、備忘録と他の人への参考資料とすることにしたのである。

【声を文字に起こして】弱小配信者奮闘記:ゆかりねっとで字幕を反映する

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 回線弱者KIBEKIN、稀に1Mbpsも出ない状況下で配信する
  • 音声を「出しにくい人」は音声を字幕にするという方法
  • 字幕に変換するアプリケーションに「ゆかりねっと」がある
  • ゆかりねっととは別に様々なサービスと連携するゆかりねっとコネクターがある
  • 字幕と翻訳を同時に試すため、KIBEKINが実際に設定してみる
  • インストールは簡単、しかしセットアップが難しい
  • 字幕の調整をゆかりねっとコネクター側で細かく調整していく
  • 実はゆかりねっとコネクターだけでも事足りる
  • ゆかりねっととの併用はVOICEROIDを使う場合など
  • UDトークと合わせて使う方法は次回記事で

回線弱者、それはインターネットにおける人権なしと同義である。配信という「趣味」であり「収益手段」でもあるこれを満足に行うには光回線が前提条件になるが、そうも言っていられないのが現実。しかし残念なことに殆どのルーターは上り速度を全く考慮していないものが多く、重要なのはそこじゃない!と何度もツッコミを入れたくなるほどだ。だが私は以前から言っている通り、金がない上に人脈も人望も人権もない嫌われ者。誰も助けてなどくれないから、与えられた環境でただひたすらにもがくしかないのだ。

そんな私は下心を隠さずに言えば金目的でやっているのだが、その道のりは嫌われ者である私にはとてつもない壁でしかない。最近はプライバシー保護のために声はなるべく出さないことにしているが、しかし無音というのは残念ながら誰も見ない条件に合致するものだ。ではどうするかといえば、声を読み取ってそれを変換し、字幕にすればいいのだ。

音声に合わせて字幕を生成し、それを画面に反映するというのは昔はできなかったことで、技術的に割と進んだ今だからこそできることである。とはいえ音声認識自体はいくら進化しても「個人差」までは完全に反映できないため、喋り方に癖があれば正しく認識してくれないのが玉に瑕というもの。しかしあるとないでは配信の見え方も大きく変わってくるというものである。今回はシェアウェアとなる音声認識アプリケーション「ゆかりねっと」と外部ツールの接続を可能にする「ゆかりねっとコネクター」。これ2つによって字幕を出す方法を探し実際に試したのである。その奮闘記をここに書き、備忘録と他の人への参考資料とすることにしたのである。

【安くてちゃんと拡大できる】中国製のUSB式デジタル顕微鏡使ってみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 電子工作は肉体的にも精神的にも消耗する作業である
  • 細かい部品は肉眼では見えないことが多い
  • 作業用の拡大鏡とカメラを使用したデジタル顕微鏡の存在
  • PCで使用可能なUSB式デジタル顕微鏡、安い中国製があるので使ってみた!
  • 特別なドライバを必要としないプラグアンドプレイの本体
  • ピントは本体で調整でき、LEDライトとキャプチャ機能付き
  • 専用のソフトウェアを使うと拡大や詳細な計測も可能に
  • WindowsではWebカメラとして認識され、外付けカメラとして使用可能
  • 見えにくい小さいものはこの顕微鏡1つで十分だ

小さなものを見るときは集中力を消費する。肉眼で見る場合には当然のことで、針に糸を通すことやビーズの玉をテグスに通すといった作業は見ながら手も動かす関係からさらに肉体的にも精神的にも疲労が重なるものである。若い内ならまだしも、年をとってくれば昔ほど体力もなくなり視力も低下するため苦戦しやすくなる。それらに対応するために様々な補助器具が存在し、きつい作業を楽にしてくれるのである。

電子工作をするときも、分解して非常に細かい電子回路の部品を交換するなどの作業が必要になることは多い。それは単位がnmレベルの非常に小さい世界であり、表面実装が当たり前となった現代では1つ1つのパーツは非常に小さく、同時にパーツのはんだ付けがされている場所は非常に近いものになっている。そのため肉眼では非常に辛いもので、大抵はライト付きの作業用ルーペを用いて作業を行うことが多い。ただ、大型で目が疲れるものである。

そこで使うのが顕微鏡だ。それも生物の実験で使用される光学顕微鏡でも、光学顕微鏡で視認不能なものを観るための電子顕微鏡でもない。カメラを使用してズームを調整することでピントを合わせ、撮影した映像をPCなどの機器に送信しそれを映し出す、デジタル顕微鏡である。光学レンズの代わりに画像素子を用いてモニタに表示するということで、新しいタイプの顕微鏡として扱われるこれ。一般には高額で、企業で使用するか学校の実験で使用するかくらいでないと触れることもないものだが、例によってAmazonには中国製の安い、USB式のデジタル顕微鏡があった。私も電子工作を行う身であるので、持っておくと便利であろうと同時、果たして使えるのかを検証し、その記録を1つの記事として残すことにした。

【これで1500円以内だと!?】中国製コンデンサマイク”M858″使ってみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 音を電気信号に変換して機械へ伝達する装置、マイク
  • 基本はダイナミック型とコンデンサ型の2種類がよく使われる
  • 簡単な構造で安価に作れるダイナミック型と、高精度で高音域もカバーできるが電源必須で高価になりがちなコンデンサ型
  • 所謂”YouTuber”や実況者は殆どがコンデンサ型を使う
  • 中国製にやはり、安価なのにコンデンサ型マイクがあるので使ってみた!
  • マイク自体に音量調整やエコーがあり、イヤホンジャックもミュートボタンもある
  • 指向性も音声も問題なし、耐久性はこれから検証だが普通に使える
  • 1500円以内、安すぎる怪しさとは裏腹にちゃんとしているマイク
  • アマチュアレベルならこれで十分と言ってしまえるものだった

同じジャンルのものであっても、形状・動作方式・サイズ・仕様等で全く異なるものになることは多々ある。例としてスマートフォンはOSを基準とすれば3つに分類され、次に仕様で分かれるといった感じだ。PCにおいては同じモデルであっても製造時期と採用するパーツによって、それぞれが別物として扱われることも多い。

その違いを最近実感したのはマイクである。マイクは2020年から始まった死のコロナウイルスの影響によりテレワークが急速に進んだことによって安価で粗悪なマイクですら一気に売れていったもので、現段階ではマイク需要は一定のラインを超えたため落ち着いている状態だ。その過程で、仕事用のマイクも多数が新規製造されていった。その多くはダイナミック型だ。安くて入手しやすいこれは私も知らずのうちに使っていた。

だが周囲の音を拾いやすいこれは、自分の声を正確に届けることやYouTube他の動画制作及び配信等で使用するには不十分なものである。その時に選択されるのがコンデンサ型である。コンデンサの片面に薄い振動膜を設置し、静電容量変化を電気信号に変換し、それを出力することでダイナミック型よりもクリアで指向性のある音声を届けられる。だがコンデンサ型は複雑な電子回路を有しているため、どうしても高額になりがちで手を出しにくいものになりがちだ。そんな中、またも中国が安くてちゃんと使えるコンデンサ型を製造していたのが判明したため、これを試すことにした。具体的な製品会社は不明だが型番はわかった。その型番は”M858″、購入時の価格はクーポンも使用して¥1,332だった。果たして本当に使えるのか、レビューしていくことにする。

【安くて強い】PC用ゲーミングモニター”ASUS VP228HE”使ってみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 台湾のメジャーなPC関連パーツ製造メーカー、ASUS
  • 一般用途からゲーミングまで幅広く取り扱う
  • モニター製造にも定評があるASUS
  • 低価格帯でありながらゲーミングモデル、VP228HE
  • 1万5000円以内では珍しい1msレスポンスのモニター
  • 2つのゲーミングサポート機能をモニターに搭載
  • スピーカーは残念ながらしょぼい
  • 普通に遊ぶなら、これで十分だ

PC関係の話で、ハードウェアについて取り上げる個人はなかなかいない。これはハードウェアの多くは金がかかるということが起因していると思われる。そのため、ハードウェアレビュー記事は多くがPC関係のサイトを運営している企業の誰かが、レビュー対象のアイテムを購入するか或いはレンタルして、その使用感を書くというものになっている。ちなみにApple製品を愛するHIKAKINはよくiPhoneを水没実験しているほか、Red♪の素材でもある(PRODUCT)REDのレビューも行っている。AirTag水没実験はまだなのだろうか。

さて、私はそれらとは違い、好きな時に適当にレビューするという、実のところはネタ不足の埋め合わせのような感覚でやっているのが私KIBEKIN。とはいえ、ただのレビュー記事ではつまらないものにしかならない。したがって、レビュー対象のメーカーの概説を入れて、一般的なものとは差異が発生するようにしている。ちょっとした歴史の勉強にもなるので、面白いことであろう。

そんな中での今回のレビュー対象はASUSが発売していたゲーミングモニター、VP228HEである。様々なゲーミングデバイスを製造・販売するASUS、モニターも多数製造していたが、このモデルはゲーミングであってもグレードの低い、分類するとすれば入門機にあたるモニターだ。しかし、このモニターは上位モデルにも劣らない性能を持っていた。安いものが決して悪いものと言い切れない時代、このモニターの中身を調べていくこととする。