【ゲーム専用なら不要】ゲームと仮想メモリ実験~ゲームには必要ない!~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 未だ議論されている仮想メモリ
  • 仮想メモリについて調べる人が非常に多い
  • ゲームでも仮想メモリは必要なのか問題
  • 仮想メモリをなし(0GB)でプレイしデータを収集
  • 結果:基本なしでOK
  • 感想:重いゲームでない限り16GBで問題ない
  • 結論:完全にゲーム専用なら不要、同時に配信や録画などする場合は考慮すべきか

PC関係はいつもみんなの大好物である。最近はIntel VS AMD、或いはNVIDIA VS AMDの構図が展開されており、AMDがこれらに勝つかどうかで多くの人が見守っている。マルチスレッド・低価格だったAMDは、新作発表の度にIntelやNVIDIAの墓が建てられる程強くなった。シングルコアの性能も上がり、消費電力とスペックのバランスが極まっているので、AMDが弱いのは昔の話になった。

PC関係は何故みんな注目するか、その理由はゲームに使うからである。ただ、自作デスクトップは高い買い物になることは必然的であり、1円も無駄にしたくないと考えているためであろう。それとは別に、ソフトウェア面でも解決策を求めて情報を集めている人が多い。特に仮想メモリは、ゲームに必要なのかどうかで「最適解」を探しているようだ。そして私のブログの一番人気はなぜか仮想メモリである。これは以前書いたものである。

その記事は一般用途における仮想メモリ論を書いたもので、OSはWindows7、実装可能な最大のRAMが8GBの貧弱なラップトップであったため、その時の結論は「必要」とした。だが、Windows10が標準OS、ラップトップでさえ16GB以上のRAM実装が当たり前となり、デスクトップに限定すれば理論上RAMは無限となった今、果たして仮想メモリは必要なのだろうか?今回はゲームを主軸に、仮想メモリが必要かどうか、実験を基に考えることにする。

【大容量RAMでも必須】メモリに優しく!仮想メモリの設定の仕方

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 仮想メモリは殆どのOSに搭載されるシステム
  • しばしば設定論議が巻き起こる話題
  • 過去の実体験から起きた「RAM占有」状態
  • たとえRAMが大容量でも設定は必須
  • RAM・仮想メモリ関係のツールを紹介

PCの設定の話題は、多くの人が最適解を求めてインターネット上の様々に入り乱れた情報の中から、確実と思われる複数の情報を比較して最終的に1つに絞るパターンが多い。

その中でも仮想メモリは、前ブログの人気記事として訪問回数が多かった。そのため、WordPressに移行した今、ここで今一度、仮想メモリの設定について、リンクス岐部が実体験を元に解説していく。