SNS | Kibekin BLOG.

【公式が仕事しないから】”Twitter Stress Reduction”使ってみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • Twitterを利用するルートはブラウザと公式アプリが基本
  • 見たくないものを拒絶する方法はミュートとブロック
  • ワードミュートは実装されているが公式の機能は役立たず
  • PCブラウザならアドオン”Twitter Stress Reduction“が役に立つので使ってみた!
  • 正規表現を採用し、単語単位のミュートが非常に楽になる
  • 濃厚な見本が用意されており、面倒ならそれを使うと快適になる
  • ツイートそのもの以外にも公式のゴミ機能を抑制する設定もできる
  • IDはもちろん、名前のアイコンや言語に対してもミュート設定可能
  • 公式機能でデータセーバーON時畳む機能を有効にしていると動作がおかしくなるのを観測
  • TwitterをPCで快適に使うならこの自衛策が正解

公式クライアントは、多くのユーザーから望まれているものである一方で、いざ使ってみると残念な面が目立ちすぎて結局使わずにサードパーティを使う、ということは往々にして存在する。もっとも、公式クライアントの保証範囲は必要最小限ということが多いので、余計な機能は入れずに設計するのが一般的であろう。そもそもアプリ制作は本業の範囲外ということもよくある。

SNSの代表であるTwitterは、前々から開発陣が無能でお馴染みだったが、それよりも酷いのがトップに立つ人間が無能であったということ。これにより散々に翻弄させられてしまい、ユーザーはもちろん従業員すら困っている状況だった。かのAmazonのCEOジェフ・ベゾスは世界一有名なサイコパスだが、一時的なTwitterのCEOであったイーロン・マスクもまたサイコパスであり、独裁者でもあることを証明した。あれではプーチンと何ら変わりがない。

13歳以上なら理論上は誰でも利用できるが、当然のことながら自分とは合わない人、根本的な悪人も利用しているわけで、その場合はアカウントに対してミュートとブロックを活用すればいい。また、特定の話題に対してはワードミュートを使用すればいい。ただ、Twitterのワードミュートは正規表現非対応なので、ミュートしたいワードに対してあらゆるパターンを登録しなければならない。なので、ChromeやFirefoxならアドオンを利用してTwitterに干渉できるミュート機能”Twitter Stress Reduction”があるので、これを試すことにした。

【海外勢も怖くない】ゆかNEO on the VRs:VRChatに持ち込む字幕・翻訳編

この記事の概要を簡単まとめ!

  • ゆかりねっとコネクターNEO、字幕以外のことにも使用できるようになっていく
  • VR方面ではVRCaht, VirtualCast, Cluster, NeosVRで使用可能になっている
  • VRでの字幕の需要は上がってきているはずである
  • VRChatではOSCを利用して字幕と翻訳を送信することが可能
  • 条件はゆかNEO搭載のVRC-OSCプラグインがv1.3b以上
  • ゆかNEO側は設定項目は簡単で、ポートにのみ注意すればOK
  • VRC側でテキストチャットにゆかNEOの翻訳1番を送信する
  • 初回接続時はワールドリロードが必要な場合がある
  • 翻訳だけでなく母国語も同時に送信可能、ただし文字数制限に注意
  • VRChatで翻訳を使えれば、もう海外勢だって怖くない

VRが今後の標準となることは、長期的視点で確定である。だが同時に危惧するは、かつて死のコロナウイルスが起きたときにYouTubeに、既にテレビで出るような有名人が流れ込んできたことと同じようなことである。何かのきっかけによってVR世界にも有名人が一気に流れ込むような事態が発生すると、途端に「つまらなくなる」気がしている。そう思ってしまう理由は正直分からない。

さて、VR-SNSでは様々な言語を母国語とする人がいるわけだが、それがどの言語となるかは、実際に冒険して見なければわからないことである。VR-SNSの最前線であるVRChatは開発元がアメリカにある関係上、基本言語は英語であり、ユーザーの大多数も英語であることは当たり前である。なので英語圏にあたる確率は、Friend+以下の権限でない限りは普通にあり得ることとなっている。

また、VR-SNSの特性上、テキストチャットよりボイスチャットが好まれる関係で、翻訳してテキストチャットで打ち込むというのは時間的猶予を考えると非現実的であり、そもそも口語を聞き取って翻訳して、ということは非常に難しいことである。これについては難しいことであるので、妥協するしかない。だが逆に、日本語から外国語にする方法はゆかNEOを使用することで可能となっており、メジャーなVR-SNSでは使用可能になっている。今回はその中からVRCで、OSCを利用した字幕・翻訳表示が可能となっているため、その解説と実際に使用した際のイメージを含めて詳しく見ていく。

【これもできるの!?】”NeosVR”やってみた!~何でもできるVR-SNS、入門編~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • VR-SNSは数多く存在し、それぞれは異なる「得意分野」を持つ
  • 多くのVR-SNSは未だに外部ツール依存であることは否めない
  • 「そのVR-SNS内で殆どが完結する」があれば色々楽になる
  • チェコのSolirax社が開発した”NeosVR“はその理想を叶えた
  • Steam版もあるが公式インストーラからインストールを推奨、登録はNeosVR内からも行える
  • チュートリアルは存在こそするが簡易であり、実際に動く方が覚える
  • モデルインポートはVRMは変換が必要、Blender3.0以上で特定スクリプトが必要
  • 毎週火曜日22時開催初心者案内デーにも参加してみた!
  • 主催のオレンジ氏と周りの参加者(手伝い)と共に動かして、遊んで、楽しんで、覚える
  • NeosVRに不可能は殆どない、そしてこれからも発展していくVR-SNS

VRM 1.0が正式に発表された。VRMコンソーシアムによって制定された3Dモデル向けファイル形式であり、プラットフォームに依存しないことを目標に設計されている。VRoid Studioは出力がVRMであり、VRMに対応するVR-SNSは現時点ではclusterとVirtualCastである。そのほかではVSeeFace, RibLA Broadcast, VMagicMirror等の3Dモデルを表示してWebカメラなどで動きをリンクさせるソフトウェアに対応する。これまでβ版として展開してきたVRMもいよいよ本格展開の準備が整ったようだ。

ただVR-SNS全体で見れば未だにVRMに非対応なところは多く、その場合はFBXを採用していることが殆どである。VR-SNSの最前線となるVRChatもFBXであり、VRM使用者は変換を余儀なくされる。その方法は有志によって解説と必要なツールが用意されているので、とりあえずは何とかなっている状態ではある。とはいえ、最適化や専用調整にはUnityやBlenderが必須であることは変わらない。

そんなVR-SNSも、思いもよらない国で生まれたものがあった。チェコにあるSoliraxが開発・運営を行う”NeosVR”がそれである。VR-SNSはアメリカか日本か、そんな常識を破壊するかのような存在であるこれだが、実は2018年5月4日からサービスが開始しているので、VR-SNSとしてはわりと古参である。最近、このVR-SNSが「何でも出来る」という点で注目が集まっているようで、その内実調査のため、実際に潜ってみることにした。

【VR-SNSの始祖、最前線】”VRChat”やってみた!~脱・初心者までの道のり~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • VR-SNSの完成形、VRChat
  • 運営母体がアメリカにあるため、英語中心になりがちのイメージ
  • 規約が面倒であるため避けていたが、今後の活動で「使わない」が難しくなった
  • 開始から脱・初心者までをここで記録することにした
  • 初期は「自分のモデル」は使えない、用意されたモデルで活動する
  • トラストレベル”New User”は条件が非公開、地道に進めていく
  • “New User”になってもUnity関連で面倒があるので先駆者の知恵を借りる
  • 手順に従えば基本的には問題ない
  • 自分のモデルが使えるようになれば脱・初心者だ

VTuber・VRに関するあらゆることは、とにかく「何でもある」ので、その意味ではネタに困らない。だが同時に、それらのネタは誰かしら・何かしらにおいて先駆者が存在する。VTuber・VRはその特性上、YouTubeで解説動画があがっていることが多く、一部余力のある人は文字と画像ベースのブログで解説している人もいる。もっとも最近はVTuberだから動画しかしない、ということはなく、媒体的な意味でのマルチプラットフォーム展開は既に一般的である。媒体別に話題とその伝えやすさも異なるためだ。

VR関連調査開始以来、1つだけ避けていたことがある。それがVR-SNSの始祖とも言える存在、VRChatだ。制作及び運営母体がアメリカにあること、登場当初は対応する機器とPCを持っていなかったこと、登場時期から情報がほぼ出揃っていること、他にもVR-SNSが存在しそっちの方を優先したこともあって、あまり触れようとは思っていなかった。また、規約の面倒さについてもある程度耳にしたので無理をすることもないと思っていたが、このまま活動するにあたってVRCは避けて通れないものであると気付き、やむなくやることにした。

VRCについては入れてこそいるが、1度もつけたことがない。つまり何もかもが初めからである。ではなぜやる気になったかといえば、VRCでも多くのイベントが開催され、そこには私がよく観ているVTuberもイベントの関係で企画または演者としてかかわるためである。そうなると、VRCをやっていないとお話にならないのである。そこで今回は少々長いスパンで、自分のモデルが使えるようになるまで=スタートラインへの到達までを1つとした、脱・初心者記録を書いていく。

【しょーもな!】今、これが熱い!~『伝説の男』トロオドン~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • トロオドン怪文書アドベントカレンダー8日目
  • 現在のメインSNSはマストドンの配信者、トロオドン
  • YouTubeからTwitchとツイキャスが主戦場となる
  • さらにトロオドンから直接聞いた情報も掲載
  • 称号『伝説の男』はKIBEKINが適当に呼んでいたのが始まり
  • 熱烈な野球ファンであり、応援チームはヤクルトスワローズ
  • 的確なツッコミでフォロワー・視聴者の腹筋を崩壊させる
  • マストドンユーザーを中心にマルチプレイを行うこともある
  • 本能に正直であり、ときにフォロワーで「シコる」ことも
  • トロオドン、それは『伝説の男』と呼ぶにふさわしい

実は私は適当な文章を「意識して書く」ということが苦手だ。その理由は無意識のうちに文章を修正する癖がついているためで、手抜きをしようと思っても何故かその文章はちゃんとした文章になってしまっている。本来なら適当な文章を大量に書いて、質より量で攻めるべきなのだろう。ただそれでは他のアヘリ8アフィリエイトと同じになってしまうという固定観念みたいなものが邪魔をしてそうさせているのかもしれない。私の唯一の課題だ。

さて、12月ということで多くの人がアドベントカレンダー、通称アドカレを企画している。これはマストドン上でも活発に宣伝が行われており、企画者が嫌われ者でないなら参加者は非常に多いものとなっている。企画自体は何でもいいものになっており、それこそ内容が日常のことでも特定の話題についてでもよく、そもそも題材を指定しないタイプもある。

そんな中で立ち上がった1つのアドカレがあり、それが『伝説の男』トロオドン主催の「トロオドン怪文書アドベントカレンダー」だ。不思議なことに枠が全て埋まっており、そして私はその中の8日目に登録した。条件は怪文書であること、それだけであるが、前提としてトロオドンをネタに書くこと自体、怪文書の条件を達成しているであろう。それで今回書くのは、トロオドン自体についてである。いわば、特定個人特集というものになる。内容は「しょーもな!」かもしれないが、是非とも見ていってほしい。

【責任問題】分散型SNS私見~最近のFediverseに思うこと~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • マストドン・Misskey・Pleromaとその他を含めたのがFediverse
  • オープンソースで技術書も公開されており、理論上誰でも鯖建てができる
  • しかし最近、その管理者に人間性に問題を抱えた人が多いように思える
  • オープンソース故に「悪用」するSNSも多数存在する
  • SNSの利用には相当適さない「子供」が乱入してくる事態に適切に対応できなかったmisskey.io
  • 未成年が管理者で果たして大丈夫なのか、不安要素である
  • セキュリティ・プライバシーと利便性はトレードオフにあるという事実
  • 解決すべき問題点はまだ残っている、それにどう対処するかで将来性が変わる

人間関係の希薄さ、それを加速させた原因が皮肉にも技術の進歩だった。インターネットが万人のものとなると、簡単に繋がれて簡単に関係を切れる。それによってしっかりしたコミュニケーションを取る機会というのも少なくなってしまったからである。しかし同時に距離を全く考えずにコミュニケーションを取ることができるというのもまた事実だ。そのおかげで時間と場所の制約は大きく解消されることとなった。

そのコミュニケーションを取るためのツールとしてSNSが挙げられるが、そのSNSは大手SNSと分散型SNSの2種類に分けられる。大手SNSは規制と言論統制と恣意的差別によってオワコンが加速していながら未だに商用としては使えるもので、その関係から企業系が多い。その対照にある分散型SNSは商用に利用するには程遠いレベルであるが、従来の大手SNSが失った利便性を補完する存在として反大手SNSの人が多く好んで利用している。

しかし、ここ最近のFediverseを見ていて不穏を覚える。GPLv3違反のソースコード無断盗用SNSの乱立、管理者の怠慢と不適と年齢と社会的責任、SNSの利用には適さない「子供」の乱入、セキュリティ・プライバシーと利便性のトレードオフなど、様々な問題が浮かび上がっている。これらの問題はこれからも分散型SNSを使う上で解決しておかなければさらなる問題を引き起こすのではないだろうか。今回は分散型SNSおよびそれを全て含めたFediverseについて、私見を語っていく。

【最善策は放置】ネット上のメンヘラ取説~触らぬ神に祟りなし~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 人間には様々な「タイプ」が存在する
  • 取り扱いが非常に面倒なタイプ「メンヘラ」
  • 現実世界ではもちろんだがインターネットにも存在する
  • SNS, 所謂Fediverseにもメンヘラはいた
  • 「傾向」を掴めば被害を受ける前に対処できる
  • もし分からずに近付かれても観察すればわかることも多い
  • そしてSNSは拒絶機能満載、簡単に排除可能
  • 実例を見て、メンヘラの怖さを学ぶ
  • 「触らぬ神に祟りなし」とはまさにこのこと、放置して忘れることが最善策

人間ほど面倒な存在はいないであろう。人間とは機械と異なり、常に変動的で行動を予測できない、そして感情によって周囲の人間や自分自身すら振り回し困惑と混乱の渦に陥れる、面倒で相手にするのが疲れる存在だ。かといってそれを手放すためにAIなどの現段階では「定型句」を返す機械を相手にすると、それはそれで相手にしているうちにつまらなさを感じて人間を求めるようになる。そしてそれをループし苦しむのである。人間は学ばない。

その人間にも「タイプ」が存在する。どうしても人間は何かに分類しなければ気が済まないらしいが、しかし分類されたことによって、接すると危険な人間であることを教えてくれるものも存在する。その中の1つに俗称で「メンヘラ」というタイプが存在する。簡単に言えば非常に面倒なタイプで、しかも男女問わず存在する。そもそも性で区別しなくても、誰でもメンヘラである可能性が否定できないのが現代だ。そこにいる人間も、もしかしたらメンヘラかもしれない。

現実には厄介なその存在が、インターネットの一般化によってSNSにも現れその存在が多くに認知されるようになった。今現在の傾向としては表向きには普通の人間だが実際は何か問題を起こしがちな隠れメンヘラが多い印象だ。そしてSNS, 所謂Fediverse上でもその存在を多数確認できる。その中には実際に問題を起こし、周囲に多大な迷惑と嫌悪を与えた者がいる。それらについて、KIBEKINの視点からどう見抜いて対処すべきかを考える。

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロックを検知しました。 | Ad block detected.

ブラウザのアドオン、及びブラウザに内蔵されているアドブロック機能により、広告ブロックが行われていることが検知されました。
本ブログは広告収入により運営されており、広告ブロックは正当な理由の下で配信されている広告をも阻害することとなり、運営が非常に困難になります。
この表示は広告ブロック機能の無効化、あるいはホワイトリストへの追加を行った上で、更新を行うことで消すことができます。または、広告ブロック機能のないブラウザで閲覧ください。
広告で嫌な思いをしたことがあるとは思いますが、一律に広告をブロックすることで失われるコンテンツも存在します。そのことへのご理解とご協力をお願いします。

We have detected that ad-blocking is being performed by browser add-ons and the browser’s built-in ad-blocking function.
This blog is operated by advertising revenue, and ad blocking will interfere with advertisements that are also being served under legitimate reasons, making it very difficult to operate.
This display can be removed by disabling the ad-blocking function or adding it to the white list and then updating it. Alternatively, please view the site with a browser that does not have an ad-blocking function.
We understand that you may have had bad experiences with advertisements, but there are some contents that are lost by uniformly blocking advertisements. We ask for your understanding and cooperation in this matter.

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock