【最善策は放置】ネット上のメンヘラ取説~触らぬ神に祟りなし~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 人間には様々な「タイプ」が存在する
  • 取り扱いが非常に面倒なタイプ「メンヘラ」
  • 現実世界ではもちろんだがインターネットにも存在する
  • SNS, 所謂Fediverseにもメンヘラはいた
  • 「傾向」を掴めば被害を受ける前に対処できる
  • もし分からずに近付かれても観察すればわかることも多い
  • そしてSNSは拒絶機能満載、簡単に排除可能
  • 実例を見て、メンヘラの怖さを学ぶ
  • 「触らぬ神に祟りなし」とはまさにこのこと、放置して忘れることが最善策

人間ほど面倒な存在はいないであろう。人間とは機械と異なり、常に変動的で行動を予測できない、そして感情によって周囲の人間や自分自身すら振り回し困惑と混乱の渦に陥れる、面倒で相手にするのが疲れる存在だ。かといってそれを手放すためにAIなどの現段階では「定型句」を返す機械を相手にすると、それはそれで相手にしているうちにつまらなさを感じて人間を求めるようになる。そしてそれをループし苦しむのである。人間は学ばない。

その人間にも「タイプ」が存在する。どうしても人間は何かに分類しなければ気が済まないらしいが、しかし分類されたことによって、接すると危険な人間であることを教えてくれるものも存在する。その中の1つに俗称で「メンヘラ」というタイプが存在する。簡単に言えば非常に面倒なタイプで、しかも男女問わず存在する。そもそも性で区別しなくても、誰でもメンヘラである可能性が否定できないのが現代だ。そこにいる人間も、もしかしたらメンヘラかもしれない。

現実には厄介なその存在が、インターネットの一般化によってSNSにも現れその存在が多くに認知されるようになった。今現在の傾向としては表向きには普通の人間だが実際は何か問題を起こしがちな隠れメンヘラが多い印象だ。そしてSNS, 所謂Fediverse上でもその存在を多数確認できる。その中には実際に問題を起こし、周囲に多大な迷惑と嫌悪を与えた者がいる。それらについて、KIBEKINの視点からどう見抜いて対処すべきかを考える。

【SNS疲れの処方箋】適度な距離でSNS・ミニブログを使用するススメ

この記事の概要を簡単まとめ!

  • インターネットの発展で登場したSNS
  • 一部はSNSではなくミニブログとも称される「サービス」
  • 実生活では様々なものに利用されている(犯罪も含む)
  • 手軽さ故に安全性や情報の正確性に問題がある
  • そんな中で起きる「SNS疲れ」
  • 簡単に繋がれるが、繋げすぎると「重く」感じる
  • 逆に簡単に関係を切ることもできる
  • 「一方通行」な運用も視野に入れる
  • SNS・ミニブログとは距離を置いて利用するといい

最近はAPEX Legendsを暇さえあればよくやっている。本格的にはまっているこれであるが、単純なプレイよりも分析を兼ねてプレイすることが多くなっている。自分の癖なのかは知らないが、分析を行うことによって次回以降のプレイ時に同じような失敗をしなかったり、有利な位置と不利な位置を確認してその位置を優先的に確保するなどのプレイングに活かしている。正直な話、プレイよりも分析の方が好きかもしれない。

さて、現実においてSNSとは生活から切り離せない存在となっているものである。以前のSNS記事でも前書きに書いたと思うが、それまで個人がユーザーの中心であったが、有名人や企業も当たり前に使い、究極的には犯罪者ですらSNSを利用しているのだから驚きである。その割にはジャップにおいては法整備が不十分のため、それらには全く対応できていないのが問題であるが。

ただ、SNSはインターネット上のサービスであり、ユーザーが居て成り立つ。そしてユーザーの裏は、Botを除いて人間であることが一般的である。したがって、結局のところはインターネットを利用した超手軽なコミュニケーションツールでしかないのがSNSである。なので使っていて人間関係の問題や自分にとっては雑音となる情報が入ってくることによってSNS疲れを引き起こすことがあるようだ。こう書いている私も、SNS疲れを頻繁に引き起こす人でもある。そんな中で私が分かってきたのは、SNSとの距離を置くことである。今回はこれについて考えていく。

【アンチ・ビックテック】トランプの新SNS”Frank”使ってみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 大統領から一転してただの人となったドナルド・トランプ
  • 過激発言、扇動などであらゆるSNSから追い出された男
  • トランプ派のマイク・リンデルがビックテックを嫌って立ち上げた新SNS”Frank”
  • 真相を探るためにKIBEKINが実際に使用してみる
  • 開始と共に仕様とUIが変わってややこしい状態になっている
  • 中身はTwitter+YouTubeの構成とされている
  • 多くにとって「関係のない」SNSであった

自由と規制は常に紙一重の存在で、そして両者とも制御が難しい存在だ。行き過ぎた自由は抗争の火種となり規制が必要になるのだが、同時に規制をしすぎれば今度はそれが火種となり新たな抗争を生む。そして最終的に分裂する結末である。その意味では自由と規制は相容れない存在だ。

その自由と規制のバランスが問題となるのはインターネット上でも同じことで、特にSNSではそれが問題となることが多い。最初は極端に危険な発言を取り締まるだけだったのが、拡大解釈をして「個人の意見」レベルのものであってもそこに1mmでも差別的表現がかかれば無条件で取り締まるようにしながらも一部の思想のみ、SNSプラットフォームで恣意的保護をするという、そのSNS自体をオワコン化させかねない馬鹿なことをしていることが多くなった。過剰な規制は、恣意的なものしか生まないのを理解していないかのようである。

それを嫌って作られたのが、SNS第3勢力として取り上げたのがGabやParlerであり、特定の思想に対する肩入れを支持しないSNSとして運営されている。外部からは白人至上主義やネオナチや極右として見られ、いずれもビックテックによる「いじめ」被害を受けたSNSでもある。そのため一時的にサービス停止に追い込まれたのである。それに対抗する意味も兼ねてであろう、熱烈なトランプ派であり実業家のマイク・リンデルが反ビックテックの新SNSを開始すると発表した。名前は「Frank」、アメリカ時間の4月19日に開始されたSNSである。果たして内実はどうなのか、KIBEKINが探ることにした。

【寿司は好きかい?】Misskeyの鯖「すしすき~」使ってみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • Misskeyの鯖紹介記事第2弾
  • 寿司が好きな人と寿司の絵文字が集まった「すしすき~」
  • 責任ない発言でおなじみ、元々ioで活動していたくちばしが管理人
  • すしすき~は寿司や食べ物の話題が多い
  • 寿司の絵文字は勿論、他にも絵文字を搭載し分類も非常に細かい
  • 何故かSEIKINの絵文字が存在する
  • サーバーメトリクスによれば割とリッチな鯖
  • misskey.io障害発生時の退避先も普段使いもOK

1つが上手くいくとき、それに関連したことを連続してやりたい性質である。これをブログで考えれば、同じタイプのちょっと違う記事を書くということである。これまでの例で言えば、マストドンの個別の鯖紹介および使ってみた!シリーズである。残念ながらclub-house.work(偽Clubhouse)は閉鎖してしまうが、それ以外は続いているのでいい方である。

正直なところPleromaは海外系が多いので手を出しにくいところがあるが、Misskeyであれば日本系が多いためかなり手を出しやすい。また少数ではあるが、海外勢も数人登録していることがある。ただ、確認できる範囲では日本語が中心の鯖が多いようで、英語や中国語、韓国語などを中心とした鯖を観測することはあまりない。鯖情報についてはjoinmisskeyから調査可能である。

さて、日本語鯖の中で最大勢力となる「本家」misskey.ioから外れて、前回はみねむの鯖であるMilkey.homesを解説した。これはみねむの鯖であるということで解説したところがある。そこで他の鯖についても取り上げてみるのがいいという結論に至る。多数ある鯖の中で選択したのは、くちばしが建てた「すしすき~」だ。io以外のMisskey鯖紹介第2弾はここである。この鯖は何が違うのかを見ていくこととする。

【みねむいきー】Misskeyの鯖「Milkey.homes」使ってみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • Misskeyでもマストドンと同じように多数の鯖が存在する
  • 漫画/アニメ/ゲーム『探偵オペラ ミルキィホームズ』由来の鯖「Milkey.homes」
  • 管理人はみねむと三条れみとの2人体制、リソースはやなぎぃ刀禰籠提供
  • テーマはまちカdon配色が可能
  • 「Milkey.homes」もまちカdonと同様話題制限のない自由鯖
  • リソースをChillout Chatと共用する関係上容量の余裕は少ない
  • まちカdonの姉妹鯖Milkey.homes、試してみないか

嫌いな人間が増えた。それも一瞬で。いくらFediverseといえど頭の固い人間と私とは相容れない存在が多かった。それを失念していたわけで、つまり私が能無しだったということである。そのためこれからは接し方を変えていけばいいだけのことで、そのためには無能や金にならない関係は一方通行にするか、或いは無駄として切り捨てるくらいの非道さを身に付けたいところである。所詮人生は金が全てだ。

さて、SNS(正確な分類はミニブログ)であるマストドン、Misskey、Pleromaではソースコードを借りて「自分の鯖」を建てることが可能である。これが盛んなのは技術・前例・ドキュメントの揃うマストドンであり、Fediverse上でも有名なのがそれである。したがってこれまでは主にマストドンについて取り上げてきた。ただそれ以外がないかと言えばそういうわけではない。MisskeyやPleromaも物好きな誰かによって自鯖として建てられることは多いものである。

ともすれば、みねむは物好きということになるであろう。Masto.hostでまちカdonを建てて、次に信頼できる人物の協力の下、一部のサーバーリソースを借りてMisskeyを建てた。とはいっても作業の殆どはみねむ以上のプロがいたため、その人物の協力で細かい調整なども既に完了している。その結果新しく建てられたのが、またしても漫画/アニメ/ゲーム原作の鯖であった。その名は「Milkey.homes」。io以外のMisskey鯖の紹介第1号である。

【2つ目の闇】SNS第3勢力2号”Parler”を使ってみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • Gabと並び表現の自由を最大限許可するSNS”Parler”
  • ここにも極端な政治思想を持つ者とトランプ支持者が多い
  • 1月10日にAWSホスティング停止でダウン、2月15日再開
  • 2月16日に復活を知ったKIBEKINが再度突入する
  • なんとなく、使いにくい感触
  • ざっと機能や項目は紹介しておく
  • 総評:わざわざ使う理由がどこにもない

なんかマストドンで宣伝してたらGab記事がすごい人気になってしまった。なにが起爆剤だったのかは正直分かっていない。ただ、その結果なのか、人気記事である仮想メモリとソフトバンク配送交換を越す勢いで追い上げている。ただ、これも一時的な現象に過ぎないと考えているので、そのうち収まるであろう。しかし一気に来たときは流石に驚いたものである。

さて、SNSの歴史にまた1つ、伝説が刻まれた。1月8日をもってドナルド・トランプはTwitterを永久追放(凍結)されたのである。原因は暴動の扇動や暴力行為の助長したことであり、またこれ以上の扇動を防止する目的もあったようだ。したがって、インターネットの表舞台からトランプの姿を見ることはできなくなるようだ。そんな中注目されるのが、言論の自由と表現の自由を最大限許可したSNSである。以前にGabについて取り上げたが、これ以外にもその場所がある。その名はParlerだ。

ここもまた、Twitterを追われた者達が集まっている。世間的にはトランプ支持者の集まっている場所として認識されている。また左翼化し共産主義に染まったオワコンSNSであるTwitterの独裁的・特定差別容認の加速によりTwitterを離反する者が増えており、その移行先としてParlerに参加する人もいる。このあたりの動き方についてはGabと同じ傾向がある。プラットフォームを鞍替えするという意味では分散型SNSとなっているのだろうか。

しかし、ここもGab同様、投稿内容に対する規制を殆ど行わないことによって内実が「無法地帯」とされ、これを良しとしない大手IT企業などが結託してParlerに囲い込みを行い、排除しようと試みている。しかし私には、それは企業規模の「いじめ」に思えるのと、力ある企業が何かを排斥しようとする構図はアーマード・コアを彷彿とさせるため、内実を知るべきであると考えた。以前行ったGabへの潜入と同様、今回も内実を調査し、これをレポートする。

【偽物です】Clubhouse(マストドン)に突撃してみた!

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 表層で人気のSNS、Clubhouse
  • 私的評価としては既にオワコンなSNS
  • 流行大好きな分散型SNSマストドンが名前をコピーする
  • 本家リスペクト故外部から見えにくい、内実は如何に
  • 内実は「悪いわけではない」
  • 鯖に独自機能はない
  • 本家で重要な音声は外部サービス依存
  • 結論:将来性はあるが、どう差別化を図る?
  • 追記:4月28日をもって閉鎖された

私はSNSディープダイバーのような気がする。マストドン、Misskey、Pleromaの基本的なところを記事にし、マストドンについてはあふん鯖、まちカdonを特集している。そして海外系としてGabを書いた。ただし、プライベート運用することを前提として、MisskeyとPleromaは自分の垢を伏せた。折角のプライベート運用で楽しもうというところ、下手に荒らされても困るためである。

さて、表層のSNSの話題と言えば、完全招待制の音声のみのSNSとしてClubhouseという、元Google社員が会社を立ち上げて作ったSNSが人気であるようだ。話によれば、芸能人やテレビ出演者系等、所謂有名人が一気に流入しているようで、結果的にYouTube Liveやツイキャスのようなものとほぼ変わらなくなってしまっている状態である。結局、そっちに人が流れるわけなので、名を持った上級國民達の自己満語りためのプラットフォームに成り下がっている。この時点でもうオワコンだろう。

そして人とは人気や流行に便乗したがる生き物である。だがちょっと違うパターンで便乗した人がいる。その人はマストドンでclub-house.workとして偽Clubhouseを建てたのである。勢いと面白さを優先して名前を借りたであろう、その鯖ができたのはつい最近のことである。話を聞きつけたはいいものの、本家と同様に完全招待制を敷いているこの鯖について、入る手段はなかった。私の周りには、Clubhouse鯖をやっている人などいなかったからである。

しかし偶然にも、本家がダウンしたタイミングで一時的に一般開放された。チャンスは巡ってきたのである。この鯖についての内実を知ることができるまたとないタイミングである。分散型SNSの中に突如としてできた、これもまた特異鯖の1つであるClubhouse鯖。本家と同様に閉鎖空間となっているとされるここは一体どうなっているのか。KIBEKINが登録して、その内実をレポートしていく。