【身近な皮被り】親しき隣人が「V」の時のトリセツ~反V主義の視点から~

この記事の概要を簡単まとめ!

  • YouTubeで稼ぐと言えば、YouTuber
  • 今からYouTuberとなって活動するにはリスクが高すぎる時代
  • 顔を出さずして活動する新しいタイプがVirtual YouTuber
  • 実は反V主義であるKIBEKI
  • しかし隣人にはVになろうとしている人がいる
  • Vになるための「キット」の市販品が存在する
  • その人がV活動開始しても、一般のVとは区別して考える
  • 対抗してKIBEKINとしてYouTuberになるか?

中古品の世界で、ディスクメディアの場合は非常に恐ろしいものである。それは平然と起動不可レベルの傷がついたものを、詳細を見せずして売る輩が多数存在するためだ。したがってこの場合は個人出品者の中古品は買ってはならないという警告ができそうである。なお、そのディスクについては復元作業を記事にする予定である。偶然にも1つのネタが出来た。

7月19日をもってHikakinTVが10周年という時の流れの早さを感じつつ考えることは、YouTuberである。ここまで来るともはや説明不要な存在である。しかし全国出る杭は打たれる時代、YouTuberの性質上顔を出すのが一般的であるが、どういうわけか人間の姿をした蟲は多数存在し、真面目に活動しているYouTuberに対して「攻撃」を行う屑が多い。それはHIKAKINやSEIKINですらその被害を受けることがあるほどで、リスクヘッジのためには顔を出さないことも必要になる。

それを回避する方法とでもいうべきか、二次元の皮を被り、一部は声も加工した、非現実的存在に顔出しを代行させるタイプのYouTuberが登場する。これがVirtual YouTuberであり、略称でVTuber、或いは単にVと呼ばれる。だが私は基本的にYouTuberが好きで、Vは嫌いである。これは反V主義とでもしておく。Vの性質上殆どが身体を出さないでゲームか何かするだけで、全くもって差異が見られず、HIKAKINやSEIKINほどの面白さを感じないために嫌いである。

しかし最近、隣人がVになりそうな機運が高まっている。反V主義の私であるが、この場合のVは果たしてどう扱っていけばいいか。反V主義という立場から、私の場合の接し方を書きながら考えていくこととする。

【衰退期】You/VTuber:実質オワコンの未来とその考察

この記事の概要を簡単まとめ!

  • YouTubeで稼ぐ者、YouTuberの出現
  • 再生回数のために犯罪行為や不快な動画が蔓延する
  • 「皮」と「声」を二次元化したVTuberの登場
  • YouTuberは稚拙さが目立ち、VTuberはやることに差異がない
  • 芸能人の動画投稿サイト流入が始まる
  • YouTubeの「テレビ化」はYouTuberが「不要」になる
  • 新たな「活動」の確立はなく、実質オワコン
  • YouTuberの在り方をもう一度考える時期

YouTuberと呼ばれる存在がいる。その存在はいつから現れたのだろうか。私自身は登場当初から何故か好かなかった。不思議なことに、興味すら湧かなかったのだ。登場後少しして話題になっても、私は全くどうとも思わなかった。

YouTuberという存在が現れた理由は簡単である。金になるから、それ以上の理由はない。金のならないところに役者は現れないのだ。始まりは2007年5月あたり、動画視聴回数の多い投稿者にYouTubeから広告収入分配のパートナープログラム参加呼びかけからとされている。現在はこれが一般開放されており、提携条件を満たしており動画内容に問題なければ、定義上のYouTubreになることができるようだ。

YouTubeは動画投稿サイトであるため、収益は再生回数に依存する。したがって、あの手この手で再生回数を稼ごうと努力するのだが、その努力の方向を間違えた結果、他者に損害を与えるもの、犯罪行為の動画を投稿する、まごうことなき馬鹿が増えてしまった。収益化の弊害である。

また、二次元の外見とVC(ボイスチェンジャー)または合成音声を使用したYouTuber、所謂バーチャルYouTuberまたは略称でVTuberが登場した。が、これは殆どが単純なトーク力とただゲームするだけの内容が多く、それが大半を占めていて、個人間の差異が見られない。これでは何の面白みもない。さらに昨今の情勢ゆえ、芸能人のYouTube進出が相次ぎ、いわばエンターテインメントの「本職」がライバルとして乗り込んできている。このままでは「本職」にYouTubeは占領され、しかし元からいるYouTuber群は奪回策の目新しいこともない状況、実質オワコンである。このままいけば死滅するだろう。そんなYouTuberの未来を考える。