【終焉】独裁者・安倍晋三の辞任に思うこと

この記事の概要を簡単まとめ!

  • 独裁者・安倍晋三、8月28日に辞任の意向を表明
  • その2週間前から検診を受けていた事実
  • 体調不良では独裁者の地位を務められないと判断し辞任表明
  • 体調不良は「言い訳」、辞任は「逃げ」、問題解決せず逃げる人間の屑
  • 真面目にやらず、反感を買うことばかりするから「悪化」した
  • ネット上の安倍擁護に「お前ら洗脳されている!」
  • 独裁者は最後まで責任逃れをした。こんな屑が何故生きてるの?

民主主義の敗北が2013年に起きてから7年が経った。日本最悪の独裁者・安倍晋三が罷り間違って総理大臣になってしまい、暗黒の時代を歩んでいた。そのことにNOの提示を一般国民が提示しても、独裁者は自身の権限とその椅子が心地よいために、決して椅子から立とうとはしなかった。自分が正義で一般国民は正義ではないと言わんばかりに。

そのお遊びも、過ぎれば自分に返ってくる。不要な人間が独裁者になったり混乱を招いているのにその者が処罰を受けないため、無神論者である。そのため因果応報は信じていないが、今までの一般国民を馬鹿にした行為・政策の代償を受けることになったようだ。体調不良により、辞任することを表明したのである。

それは長きに渡る独裁政治に自ら終止符を打つということでもあるが、同時に多くの問題を未解決のままにして「逃げる」ということである。それは、在任中に何度も行った「責任逃れ」そのものである。これは人の上に立つ者が一番やってはいけないことである。よくも平然と、「逃げる」ことができるものである。これも人の心を持たないが故であろう。

今回は、今まで積み上げられた怒りをぶつけるように、独裁者の辞任についての思いを書いていく。

独裁者・安倍晋三の終焉

8月、多くにとって突然に、それは起こった

誰もが無能政府のせいで本来ならば拡散しなかったはずの死のコロナウイルスから戦っている中、呑気に無能を晒し一般国民の怒りを買うことしかしていなかった独裁者。一般国民を代替可能な奴隷にしか思わないために、生活を維持するための支援を全く行わず、献金とイエスマンと上級國民だけを優遇していた。これだけのことをしているのだから、恨まれるのは当然である。

その罵声が身体に堪えたのか、あるいは自責の念によるストレスか、極端にストレス耐性が低いのか。真っ当に働いていないのに8月17日に新宿の慶応大学病院で日帰り検診を受けて、24日にも追加で検診を受けていたという。私としては、医療従事者に対し十分な支援もしないで自分だけ検診を受けるというおこがましい行為に憤りを感じていたが。これも独裁者特権なのだろう。



その時点では依然として独裁者であり続ける予定であったようで、特に辞任するような話はなかったようだ。ただ検査結果として後日、持病の潰瘍性大腸炎が悪化しているという報告を受けたのだろう。この結果を踏まえて28日にいきなり、心のこもっていない朗読会という名の記者会見を開き、辞任の意向を表明した。

これには持病の潰瘍性大腸炎の悪化により体力的に問題があり政治判断が鈍ること、治療に専念すること、一般国民の信託に応えられない(注:誰も信託していない)と判断したことから、独裁者として居続けることは無理としての辞任であるという。

これにより、長きにわたって続いた最悪の独裁者による一般国民いじめ、そして独裁政治は突如として終焉を迎えることになったのである。

このタイミングで体調不良は「言い訳」にしか聞こえない

そもそもの話、この独裁者が難病指定である潰瘍性大腸炎であることは全く知らされていなかった話である。これは事前に公表しておくべき話ではないだろうか。隠したいのはわからないでもないが。

だが、それを今この辞任するタイミングで出すと、人によってはただの「言い訳」にしか聞こえない。潰瘍性大腸炎による体調不良である可能性は高いが、だがそれは知らされていなかった。その事実を事前に公表していれば多少の理解を得られていたものの、これでは病気なので辞めます、という逃げ道を作ったように見えるのである。人の上に立つ者が、逃げ腰というのは笑えない。もっとも人の心を持たない者の発言に、私は一切の理解を得ることはできなかった。日頃の行いが、独裁者=嘘つきというイメージを固定化させた以上、信用などできない。

辞任は「逃げ」、多くの問題を未解決のままにした

そしてこのタイミングでの辞任表明はもう1つ問題がある。それはこの独裁者が発生させた問題を未解決のままにして、責任を取らずして「逃げる」ということである。

ここで、独裁者が発生させた特に大きな問題と言えば、森友・加計学園問題、桜を見る会、独裁者の嫁のアンダーコントロール不可と逆ギレ、公文書改竄(答弁で同時に障害者差別も行った)、異常なイエスマンへの忖度など、独裁者がいれば常に何かしらの問題を発生させてきた。そして本格的に死のコロナウイルスが蔓延すれば、真っ当な対策を打ち出さず、あっても実行を渋り、一般国民には協力をお願いする割りに自身は悠々自適に何の規制もせず、しまいには電通案件を利用した最悪の負の遺産「アベノマクス」である。これには海外から失笑を買っており、一生日本の恥である。

前者のコロナ以前からの問題については、答弁の機会がありながらも不完全な答弁をし、本当に大卒なのかと疑うほどに言葉が稚拙であった。あるいは政治家お得意の戦法である「秘書がやりました」とか部下の勝手な判断とかにして責任逃れをしようと試みたこともあった。弁明せずに逃げ続けるのは何らかの「責任を取る」ことで今の地位を失いたくないからであると容易に想像できる。よっぽど独裁者の椅子が心地良いのだろう。結果無駄に時間だけが過ぎていき、血税も無駄にされていくこの状況。誰も良しとはしないものである。

これらについて、しっかりと弁明していれば独裁者と言えどまだ問題解決に前向きだったとして、評価-100は-99に挽回できた。だが何も解決せずに辞任を表明してしまった以上、弁明する機会は大幅に失われることになる。それの意味するところは「逃げた」、ただそれだけに尽きる。なんとも無責任な独裁者であった。




真面目にやらず、反感を買うことばかりするから「悪化」した

この独裁者の祖父が岸信介、実父は安倍晋太郎である。これらは既知の通りである。また父・晋太郎は独裁者・安倍晋三について次のように述べたことも有名である。

  • 「この男には政治家として一番大事な情がない。決して政治家にしてはならない」
  • 安倍晋三について、安倍晋太郎

この男=独裁者・安倍晋三である。現在の独裁者のやっていることを見通したかのような発言であり、今まさにそうなっている。これはもはや持病以前の問題である。情のない人間に政治をやらせたり人の上に立たせると碌なことがないと実証してしまったので、この言葉は例え政治家でなくとも胸に刻んでおくべき言葉である。

さて、殆ど知らされていなかった独裁者の持病(難病指定)として潰瘍性大腸炎があるが、これの悪化に関しては独裁者の自業自得でしかないと考えている。これはおそらくはストレスによる悪化であると思われるが、通常なら持病が悪化するほどのストレスを受けることは少ないので、悪化するまでもなく普通に過ごすことはできるものである。

だがこの独裁者はやることの99%が一般国民の反感を買うものであり、唯一まともだったのは対韓政策だけであった。それ以外は常に罵声を浴びせられ、逃げれば当然ながら弁明をしつこく求められ、無能が故に真っ当な解決策の1つもできない。そして自身は「学習」する気がないようで、失敗から何も学ぼうとしなかった

先に進む努力を放棄して逃げ続けても、ストレス源の解消にはなり得ない。むしろ逃げ続けることで余計にストレスを蓄積することになるだろう。そしてその選択をしたのは独裁者自身である。したがって持病の悪化は自業自得である。そこに同情する余地などないのである。

後、これはどうでもいい話であるとは思うが、独裁者が難病を患うのは、「業」なのではないかと考えている。だから潰瘍性大腸炎になったのだろう。

独裁者に洗脳されたバカニーズ共

ネット上の「優しい声」に疑問符だらけ

さて、独裁者の辞任表明の後、その反応は様々である。だが既にオワコンSNSであるTwitterは引退しているので、所謂マスド(Mastodon)しか見ていない。だが、今まで散々虐げられているので恨みと怒りしかないはずの独裁者に対し、いざ辞任表明すると何故か優しい声で独裁者を擁護するような発言ばかりが舞ったのである。

これには疑問符でしかない。それは今までの悪業や未解決の問題の一切の責任を取っていないことを無視して、独裁者は何も悪くないと言っているようなものである。あれだけのことを許すとか、正気の沙汰ではない。

これには私としても言葉を失っている。その様子はまるで独裁者に洗脳されてしまい、もう洗脳解除が難しい状態になったかのようである。同時に、なるほどだから独裁者に成れるのだとも思った。日本人は、馬鹿が多いのだ



その馬鹿な日本人、以下バカニーズとするが、おそらくはこいつらを騙すために、持病の話を持ち出してきたものと思われる。そうすればバカニーズは、過去の悪業よりも現在進行形の持病の話に集中が移り、過去の悪業のことを全く忘れてしまう。そして「大変だった」と同情を誘うように仕向けたものと考えられる。この点については、大衆を操る術として見習わないといけないようだ。

一般国民も「学習」が必要

生きている限り日々勉強とはよく言ったものであるが、この時ほどそれを痛感した。一般国民のうち「学習」を怠った馬鹿が、独裁者の大衆を操る術にまんまと乗せられて洗脳されて馬鹿が露呈するバカニーズになるのである。そうならない為には、少しでも「学習」してそれら独裁者の引き起こした問題についての情報を知っておくべきである。

そうすることで、最低限の情報を知っているだけでも間違った・偏った知識を植え付けられることが少なくなる。それはいいように踊らされて行動及び発言をし、痴態を晒さないようにする対策でもある。以前から真偽不明の情報に踊らされて、他者を軽視した食料や生活必需品の迷惑爆買いが何度も発生していた。

形は違うが、今回の洗脳も上記に同じであると考えている。「学習」していれば、あの独裁者を擁護する気には一切ならないはずである。したがって、私だけがあの光景に異常な違和感を感じたのだろう。同時に、所詮日本はどこに行ってもバカニーズが多く、それが日本を貶めるもう1つの要因になっているように感じる。これでは救いようがないようにも思う。

最後まで「逃げ」の独裁者、反省は「命」で示せ

結局、独裁者・安倍晋三は最後まで「逃げ」を貫いた卑怯者であり、人としての情がない、現人悪魔であった。それがよくも約7年間も独裁者でいられたのは、奴が人間として本来持ち得ている感情や道徳的思考が欠如しているからであると考えている。それがないから、どんなに非難され(まともな)一般国民を敵に回す発言や行為をし、だがそれでもなお独裁者は指導者の椅子から立つことは一切しなかった。

だが強いストレスが加わっていたため持病が悪化し自ら椅子を立つことになったが、仮に持病がなかったとすれば永遠にその椅子に座り続けたことであろう。その意味では、安倍晋三はソシオパスであると考えられる。重大犯罪をしないあたり、サイコパスではないと考えている。また自身がそうだから、妻の安倍昭恵もソシオパス気質があるように思える。類は友を呼ぶとはよく言ったものであるが、にしても極端である。

そして8月28日に辞任表明で、未解決問題を抱えたまま椅子を降りるという愚行を晒す。これでは、次期首相に多すぎる負の遺産を丸投げしているのと同じである。その負の遺産の処理からで国策がまともに行えなくなる状況に陥れば、この男はまさしく「他者」への配慮を全くしない人間の屑として、椅子を降りて余暇を過ごしている間でも非難の的となることは確実である。

そのことについて、そしてこれまでの行為について「形だけの」反省を述べた1)参照:【詳報】安倍首相、辞任「月曜日に自分一人で判断した」 [政治タイムライン][安倍首相辞任へ]:朝日新聞デジタル  会見の詳細を文字で時系列でまとめたものになっている。。これまでの独裁者は息をするように嘘をついてきたのだから、その弁を全く信じることはできない。その反省も、純粋な謝罪ではなく、言い訳がましいものばかりで、全く心に響くことはなかった。その姿はオオカミ少年である。

そして、真に反省しているというのであれば。その身をもって償え、という話である。これまで行ってきたことに対する「業」は、常人のそれの比ではない。終身刑2回分でも足りない。不要な人間はいないといわれているが、間違いなくこの男は生かしてはいけない存在だ。神の失敗である。

私としてはいっそのこと、辞任するくらいなら任期中に死亡していた方が、その方が伝説になっていて、盛大に名前を残せていたことと思う。そして死亡することで、独裁者自身は苦しみからの解放、日本の未来に明るい兆しを見せることになり、まさしくWin-Winである。できればそうなって欲しかったのだが、もう叶わないのは残念である。

もっとも、独裁者が椅子から立ったところで、日本が良くなるとは到底思えないが。

 

以上、独裁者・安倍晋三辞任についての個人的声明発表であった。それでは、次回の記事で会おう。

 

リンクス岐部(LINKS-KIBE) at 16:10 Aug. 30th, 2020


スポンサーリンク




Links_Kibe
会社員という働き方が合わないのに会社員になってしまった、自称社会不適合者。自力で稼いでいくために奮闘中。PCとラーメンとXperia 1をこよなく愛する、自由になりたい人である。ゲームやガジェット、仕事中心に書いていく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
名前は必須項目となります。記入をお願いいたします。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)